TOKYO TATEMONO
MUSIC OF THE SPHERES

ピアニスト、角野隼斗が音楽を通した様々な”出会い”を語る20分

2024.05.26
マルタ・アルゲリッチ

ニューヨークを拠点に活動するピアニスト・角野隼斗が
音楽を通した様々な”出会い”をもとに選曲と語りをお届けする
「TOKYO TATEMONO MUSIC OF THE SPHERES」

カナダ、トロントでの公演を終えた角野は、近くのナイアガラの滝に訪れたそう。到着したのは深夜の1時ごろだったそうで、ゲーミングPCのようにライトアップされていて地上のオーロラを見ている気分だったと語る。

トロントから帰国後、広島に向かい、広島交響楽団とマルタ・アルゲリッチのコンサートを観に行ったそう。
トップ中のトップのピアニストでみんな大好きだというマルタ・アルゲリッチについて、
82歳という年齢を感じさせないほどエネルギーがあって、それでいて力を込めている感じがしない「魔法のよう」だと語る。

コンサートの後、ディナーパーティーでマルタ・アルゲリッチと話す機会があったそうで、
彼女はフランクで、敬われることに飽きているじゃないかと思ってから肩の力が抜けて打ち解けられたそう。
そこで、日本や音楽の話、そしてAIの話なんかもしたそう。
その中で印象的だったのが、彼女が「AIが人間を支配してくれたら、この世の争いは全部なくなるんじゃない。」と言っていたことだったという。
彼女の平和に対する意識、世界が少しでも良くなって欲しいという思いが、そんな話からも出てくることが印象的だったとそう。

最後に、トロントから帰国する際、トランスファーのために降りたシカゴで、マッサージを受けたそう。そのマッサージ師が日本好きな人で次々を日本の知識を話してくれたそうで、またどこかで会えたらと語った。

***

MUSIC SELECT by 角野隼斗

1. Italian Concerto in F Major, BWV 971: III. Presto /
グレン・グールド

2. BOY フロム 世田谷 / 土岐麻子

BACK NUMBER