WORLD CONNECTION

世界の今と繋がろう。

2020.01.19
中国の“春節”にフォーカス!

新しい年を迎えて、一ヶ月経つ頃、お隣中国では
お正月、“春節”を迎えます。
休暇中には、日本を訪れる中国人が
さらに増加することが見込まれていますが、
今日は、そんな中国の“春節”にフォーカス!

中国の取材経験が豊富なジャーナリスト、
中島恵さんにお話を伺いました。

春節とは中国のお正月。
中国は旧暦を採用しており(日本は新暦)、
その旧暦のお正月が春節。
旧暦なので、毎年、お正月の日は変わるそう。
例年、だいたい2月ですが、
今年は1月25日が元旦に。
24日?30日までの7日間が、
今年の正式なお正月休暇になります。

春節で中国人の方が行うのは
田舎に帰る場合、
親戚に挨拶すること、 子どもにお年玉をあげること、
家族で一家だんらんで過ごすこと、
家に赤くておめでたい飾りを貼ったりすること、
ごちそうを食べること(餃子、魚、肉など)など!

中島さんの最新刊
『中国人は見ている。』が発売中!
中国人が見た日本の感動するところ、
日本で不思議に思うことがたくさん書かれており、
たとえば、日本ではすき焼きはごちそうだけど、
中国人は生卵が苦手な人が多いので、
すき焼きに招待されるのは実はあまりうれしくない人もいる、とか。
日本の電車の駅員さんやバスの運転手さんが、
中国に比べてとても親切でびっくりした、とか。
日本人が書くメールの「お手すきの際に??」は、
いつまでに返事をしたらいいのかわからない、とか。
日本の夜の街はなんであんなに静かなのか?とか。
日中の意外な違いや、中国人が思う日本のいろいろなことが、
食、社会、文化、人づき合い、など
さまざまな側面で書かれております!

気になった方はぜひお手に取ってみては??



BACK NUMBER