WORLD CONNECTION

世界の今と繋がろう。

2021.04.11
宇宙ゴミの除去サービスを行う世界初の民間企業、アストロスケール

今回はスペースデブリ、すなわち(宇宙ごみ)の除去サービスの開発に取り組む
世界初の民間企業、アストロスケールに注目!

宇宙ごみとは、JAXAのウェブサイトによると、運用を終えた人工衛星や、
壊れた人工衛星、打ち上げロケットの上段、爆発や衝突により発生した破片など、
宇宙空間にある人工物体のことです。

1957年に人類初の人工衛星が打ち上げられて以来、宇宙ごみが蓄積しています。
お話を伺ったのは、アストロスケールの創業者兼CEOの岡田光信さん。

現在、人類が宇宙空間に排出した「宇宙ごみ」はどれくらいある?
私達の生活に「宇宙ごみ」がもたらす問題はあるのか?
岡田さんが宇宙ごみの問題に取り組んだキッカケとは?
どのような仕組みで宇宙ゴミを除去する?

など伺いました。

詳しくはradikoへ!

BACK NUMBER