DIANA Shoes NEW LOOK

世界で常に変化する最新のファッション情報をお届け!

2019.01.13
細尾真孝/京都・西陣織老舗「細尾」12代目

現在、銀座のミキモトホールで、
『THE STORY OF JAPANESE TEXITILES  日本の美しい布』
という展覧会が開催されています。
今日は、この展覧会のオーガナイザーである、
京都・西陣織の老舗「細尾」の12代目、細尾真孝さんをお迎えしました。

玄理さんはベルリン映画祭で、HOSOOの西陣織を使った
ミハラヤスヒロの衣装を着たそうです。

▼展覧会のコンセプト
元々2015年から日本の染織を全国各地をフォトグラファー、アートグラファーと
共に巡り5000点以上の写真のなかからセレクトしてシルクスクリーン化。
細尾さんが家業に戻ってきたのは10年前。西陣織以外の布を知らなかったため、
ライフワークとして自分の専門以外の布も、記録しはじめた。
元々音楽活動をしていたため布の各産地でフィールドレコーディング。
展覧会の会場の音を自分で作った。

▼西陣織の魅力
歴史は約1200年前からあり、天皇などの上級貴族が使用。
「美」を追い求めた素材や技術がある。

▼「GO ON(ゴオン)」というプロジェクト
伝統工芸6社で「伝統工芸を憧れの仕事にしていこう」をコンセプトに
しようというプロジェクト。
「御恩(ごおん)」と英語の「GOING ON」をかけた名前。
伝統工芸のイメージを未来的にアップデートするのを目的。

▼お知らせ
『THE STORY OF JAPANESE TEXITILES  日本の美しい布』
銀座の「ミキモト」本店7階・ミキモトホールで、1月27日(日)までの開催。
『THE STORY OF JAPANESE TEXITILES  日本の美しい布』
細尾 HP


BACK NUMBER