DIANA Shoes NEW LOOK

世界で常に変化する最新のファッション情報をお届け!

2018.11.11
東京ファッションコーディネートラボ

今日注目するのは、日本を訪れる中国人を対象にした、
パーソナルスタイリングサービス、
「東京ファッションコーディネートラボ」。
パーソナルスタイリングを
提供する株式会社アクエリアスが、
昨年スタートしたサービスです。

中国の旅行者の興味が「モノ消費」から
「コト消費」に変わってきている・・・
そんなニュースを耳にしますが、
このサービスは、ファッション分野での「コト消費」。
旅行者のほかにも、日本に住んでいる中国の方や、
日本に来て婚活をしている方に、
口コミで広がっているそうです。

パーソナルスタイリングを提供する株式会社アクエリアス 
代表 中村康介さん、通訳コーディネーターの
ルーシーさんにお話を伺いました。

中村さんがNYやロスやローマに行った時は、現地の若者たちは
本当はどんな服を着てるんだろうと思い、
全員がルイ・ヴィトンやグッチを着てるわけでもなく
いまの若者、ローマっ子は何を着ているんだろうと思ったが
それを紹介してくれるサービスが現地にないそうです。
日本に来た中国の方も、渋谷の若者は本当は
何を着ているんだろうというのが分からないまま帰ってしまいます。
それはもったいないと思い、いまリアルに流行っているものはコレです、
決してブランド品だけじゃなくても、ドメスティックブランドや
日本のセレクトショップは優秀。
同じアジア人の中国の方は体型もあっているし、
それをコーディネートすることによって
インバウンドの旅行者が全身をコーディネートして、
自分自身がお土産となって帰る。
こういうサービスをやってみたいと思って
スタートしたのが
「東京ファッションコーディネートラボ」だそうです。

コーディネイトの手順はヒヤリングシートがあり、
予算や色の好み、普段着ている服のサイズ、そして一番大事なのが目的。
ここがブレるとお客様のニーズがブレて、
デート、ビジネス、お土産としてなのか、きっちりヒヤリング。
そのうえでパーソナルカラーをチェックし、
予算と目的にあったものを、新宿、渋谷、銀座に買いに行く。
コーディネートをし終わったら最終的に名所で撮影することが多く、
中国の方は名所での撮影が好きで
青山のいちょう並木や、桜をバックに芝公園で撮るなど。

これに加えて、表参道のカリスマ美容師に
カットしてもらうコースもあります。

中国の方からのリクエストは
日本のプロのスタイリストにコーディネートしてもらうなら、
もうちょっと上品な感じ、大人っぽい感じ、
シュッとした感じ、カッコよくて、
仕事ができそうなイメージになりたいという要望が多く、
女の子の場合は自分でコーディネートはできるが
ただもっと進歩したいという場合は、
日本に来てプロのスタイリストに
やってもらう。
例えば小物使いとか、シャツを半分入れて半分出すなど、
そういうファッションのコツや豆知識を教える。

中国では「餅は餅屋」という考えが中国の方にある。
プロに任せるから好きに私を料理してという感じ。
中国の方はプロにスタイリングをしてもらうことを
ステイタスとして捉えており、
日本の方は「自分で服が選べないから
プロにお願いしている」と
ネガティブに捉えている方が多いそうです。

中国人の友人がいたら、日本に来るときに、
「東京ファッションコーディネートラボ」を教えてあげてはいかがでしょうか?

BACK NUMBER