LEXUS STORY OF "CRAFTED"

考え抜き、作り込む―ものづくりへの情熱で“未来”を描く人々の物語。

2020.01.19
吉田祐介(陶器プロダクトブランド” HAJIYOSHIDA”)/レクサスコラム:「GENSEN CAFE」


今回、お迎えしたのは、
陶器プロダクトブランド” HAJIYOSHIDA”を
手がける吉田祐介さん。

吉田さんは、伝統工芸の道に精進していく
陶芸家の起源である弥生土器を作っていた人々を
ルーツとした土師という呼び名に共感を覚え、
陶器製作活動に従事。
2013年から「HAJIYOSHIDA」という
主に量産を軸とした
"さりげなく物語を忍ばせた
陶器プロダクトブランド"を
展開しております。

土師に共感したきっかけ、
“HAJIYOSHIDA”のコンセプト、
吉田さんが描く未来について
伺いました。

HAJIYOSHIDA

温泉とカフェと「人をだめにするクッション」!?
GENSEN CAFEで究極のリラックス

先週ご紹介した「万葉公園」から車で数分。
県道75号線から急な坂道をぐいっと上がると、
エントランスに赤い鳥居がずらりと並ぶ、
「THE RYOKAN TOKYO」に着きます。
ここの1階に、今日の目的地「GENSEN CAFE」があります。
中に入ると、大きなちょうちんがドーンとぶら下がり、
カフェの空間が広がっています。

カフェはゆるく仕切られた小部屋や、
大きな部屋など、スタイルはさまざまですが、
どの席にも「yogibo」というビーズクッションが
いくつも置かれています。
このクッションを好きな形に整えて、
ソファーのようにも、ベッドのようにも、
思い思いに楽しめるのが
GENSEN CAFEの魅力です。

「手ぶら de ほっこりパック」を利用して、
浴衣とタオル、ワンドリンクを楽しむことにしました。
富士山と桜という、日本の象徴的な風景が壁面を飾る温泉は、
平日なら貸し切りにすることも可能(予約制)。
美人の湯ともいわれる湯河原の温泉を、
思う存分堪能することができます。

ランチには、お茶漬けセットがおすすめ。
湯河原で話題のティースタンド
「サ行|TEA STAND SAGYO」とコラボした、
煎茶、ほうじ茶、ジャスミン茶でいただくお茶漬けで、
組み合わせをチョイスできます。
写真は、アジのなめろう、牛しぐれ煮、梅豆腐を合わせたセットに、
真鶴産のアジフライを組み合わせてみました。
館内には書籍や漫画も豊富にそろっており、
好きに読むことができます。
本を読みふけってもよし、昼寝してもよし、
ゆっくりと流れる時間の中で、
究極のリラックスタイムをお過ごしください。

GENSEN CAFE


BACK NUMBER