LEXUS STORY OF "CRAFTED"

考え抜き、作り込む―ものづくりへの情熱で“未来”を描く人々の物語。

2020.03.29
重松成美(漫画『ブレードガール 片脚のランナー』作者)/レクサスコラム:桃源郷春祭り


今回、お話を伺ったのは漫画『ブレードガール 片脚のランナー』を
連載中のマンガ家・重松成美さん。

重松さんは、フランスで伝統工芸製本を学んだ後、
2010年デビュー。
『バベル』『花コイ少年』などの作品で人気を集め、
2018年9月から、講談社のマンガ雑誌『BE・LOVE』で、
骨肉腫のため片脚を失った女子高生が
義足で陸上競技に挑む
『ブレードガール 片脚のランナー』の連載を開始。
海外ではフランス語版が発売されるなど、
国内外で大きな反響を呼んでいます。

なぜパラスポーツを題材にしようと思ったのか、
そこで出会ったある人とのエピソード、
パラスポーツと接している重松さんが
オススメするパラスポーツの楽しみ方について、
漫画家として重松さんが
描く未来について伺いました。

重松成美さん著書の漫画「ブレードガール 片脚のランナー」は、
現在、3巻まで単行本が発売されています!
気になった方はぜひ、書店などで手に取ってみてください!

「ブレードガール 片脚のランナー」

桃の花と桜の花の競演!
山梨県の桃源郷で絶景に酔いしれる

先週ご紹介した「山梨ジュエリーミュージアム」から車でおよそ25分。
桃源郷の絶景を堪能するために訪れたのは、
「八代ふるさと公園」です。
この公園は、山梨県有数規模の古墳があり、
水遊びができる親水広場や広い芝生広場、
ローラー滑りなどの遊具も置かれており、
ファミリーにも人気の高い公園ですが、
園内には桜の木が3000本植えられていて、
お花見の名所でもあります。
また、公園から眺める景色は絶景! 
遠くには八ヶ岳や南アルプスが連なり、
この時期は桃の花でピンク色に染まる甲府盆地が
大パノラマで広がっています。

古墳広場には全長92メートルの岡・銚子塚古墳(前方後円墳)や、
直径23メートルの盃塚古墳(写真・円墳)があり、
盃塚古墳のそばには、「甲州蚕影桜」と名付けられた
2本の見事なソメイヨシノが寄り添っています。
古墳は登れるようになっているので、
ぜひ頂上から桃源郷を眺めてみてください。
目の前に広がる絶景の開放感と美しさに、
あちこちから感嘆の声が聴こえてきます。
胸にしっかりと焼き付けておきたい絶景です。

山梨の桃源郷は、「八代ふるさと公園」のほか、
桃の花と菜の花の競演が楽しめる車で5分の「花鳥の里スポーツ広場」や、
さらに10分ほど走った
「釈迦堂遺跡博物館」周辺でも桃の花と桜の花を堪能でき、
この3つのルートをめぐる人が多いそうです。
なお、桃の花が咲くと、「摘花」という花摘みの作業に入るので、
今年は4月の5日くらいまでが見頃、とのこと。

毎年開催している「笛吹市桃源郷春まつり」は、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小。
ライトアップやぼんぼりの設置、
4月1日〜15日の笈形焼き・大文字焼きの点灯、
桃源郷の日(4月12日)記念花火の打上げ
(八代ふるさと公園周辺で20時から)は
予定通り行われるそうです。

ふえふき観光ナビ「笛吹市桃源郷春まつり」

BACK NUMBER