CASE FILE
2 0 1 7 0 2 2 1
「アジアでの柴犬ブーム、どんな問題があるのか?」(お話:作家 渡辺眞子さん)

ブームというのは非常に恐ろしくて、みんなが欲しがるので、犬を作る人は大量生産をする。乱繁殖になりがち。乱繁殖というのは、1頭の犬に年に何回も出産させたり、不適正な不衛生な環境で出産させたり、8週齢以下でも販売してしまったりということ。8週齢というと、それはなぜ問題なのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、生後8週齢くらいは、親・兄弟のもとで過ごさせましょう。それ以下で親兄弟から離れて販売してしまうと、精神的にも肉体的にも不安定である。しつけも入りにくい、飼い主にも慣れるのがなかなか難しいかもしれない。問題行動も出がちであるという理由から、動物愛護先進国のヨーロッパやアメリカでは、8週齢以下での販売はやめましょうという方向になっています。日本では、これから法改正をして8週齢規制を作っていなかければなりません。これは買う方の問題でもあるけど、できるだけ小さい、小さい=カワイイ、つまり週齢の低い子を欲しがる。だけど、結局それは飼い主さんにとっても犬にとっても不幸である、どっちもハッピーではないということを私たちは知らなければいけませんよね。飼い主さんのメリットが低い。8週齢以下はかわいいのではなくて、かわいそうなんです。それくらいの週齢までは、親兄弟と一緒にいないと不健康な犬になってしまうということで、幼いうちに飼い主さんが購入して、まだ、体もきちんとできていないところで、飼い方もしっかりできないと、精神的に不安定でしつけがはいりにくい、体の準備ができていないので病気にもなりやすい、飼ったはいいけど、お金がかかった、吠える噛む、こりゃ大変ということで、じゃぁ、捨てちゃおうかなということにもなりうるということです。