J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2021.01.09

振付師・タレントのパパイヤ鈴木さん

++ Introduction ++

※コロナウイルスの感染拡大予防のためリモート出演頂きました。

ダンサー、タレント、俳優として活躍される中、
裏方として振り付けを担当する際には
番組や商品などのイメージやテーマから考えて、
ジェスチャーにならないことを大切にしているとか。

『僕がやらせてもらうのは
みんながちょっとやってみようかなって踊りたくなるような
ちょっと簡単で楽しいやつが多いんですよ。
そうすると例えば、美味しいと思う時にどういう動きをするのかを考えて、
ちょっと滑稽だったりとか、あんまりバンザーイとかじゃなく…』。

パパイヤさんはダンスのジャンル分けとして
鑑賞用と自分がやって楽しいものの2つあると考えているとのこと。

『僕は全くの後者で、今までダンスをやったことがないけど
ちょっとやってみようかなと思うようなものを考えるのが
僕の仕事かなと思っています』。

「ダンスで笑ってもらいたい、ダンスで笑顔に」をモットーに
簡単で楽しいダンスを提案されています。

『ダンスには正解も間違いもないですが、
逆に正しく踊ったところで、なにも楽しくないみたいな。
間違えているんだけど、すごく楽しそうなら
僕はその方がいいなと思います。』



++ Until now ++

お父様がラテンミュージシャン、お母様がダンサーだったことで
小さい頃から音楽に携わるお仕事をしたいと考えていたそうです。

最初は歌手になることを夢見ていたそうですが、
歌うためにリズム感を養うべくダンスを始められたとか。
最初は抵抗があったものの
教室に行くとEarth, Wind & Fireなどのソウルダンスに心打たれ
ダンスに少しハマったとのこと。

ディズニーランドでダンサーとしてのキャリアをスタートしながらも
19歳の時にダンスも辞めて、
その後、レコード会社に所属してアーティストとして活動しますが
なかなか上手く行かなかった時にプロデューサーから
「君、ダンスができるんだったら
ちょっとこの子たちにダンス教えてくれないか」
と言われたことから、
ダンスを教えたり、振り付けをするようになったそうです。

『後輩たちにダンスを教えて、振り付けして、
その子たちがだんだん育っていって、テレビにも出るようになりました。
そうするとそれに充実感を覚えちゃって、
20歳からは振り付けとインストラクターにハマっちゃったんですよね』。

教えることに充実感を覚えることもあって
ご自身がアーティストになることを諦めかけていた時に
ダンスコーディネーターとして松任谷由美さんとお仕事をすることに。
パパイヤさんが初めて関わったツアーで松任谷さんの舞台での姿を見て感動。
その時、会社も立ち上げられていたので振り付けお仕事と並行して
再びアーティストを目指したそうです。

その当時にプロデュースしようと考えていた「おやじダンサーズ」に加入。
2年ほどかけてメンバーを探し、プロモーションビデオを作ったところ、
それを桑田佳祐さんが観たことがきっかけとなって、
おやじダンサーズがサザンオールスターズのCMに起用され、
パパイヤさんも頻繁にテレビ出演するようになったということです。

++ Right now ++

プライベートでは写真が趣味だというパパイヤさん、
中学時代は写真部に所属。

自分たちで撮り、自分たちで現像するという工程が好きだったとのこと。
特に虫とか小さいものや、普段怒りやすい人の笑っている顔、
いつも笑っている人のむすっとした顔などを撮るのが好きだったそうです。

今ではブログやSNS等に
ご自身で撮られた写真を投稿しています。



++ From now on ++

昨年は新型コロナウィルスの影響もあり
パパイヤさんの会社も含め、
イベントの開催が出来ない日々が続きました。

まだまだ先が見えないですが、
今年の方向についてお聞きしました。

『僕の座右の銘が、“人生プラスマイナスゼロ”。
良いことも悪いことも同じだけあるんじゃないのって思っていて
去年はコロナの影響で大変だったと思いますが、
その中で生まれたものもあると思うんですよ。
リモートで市川さんと話しているのも
本当はコロナではなかったら、そこにいるわけじゃないですか。
それまで誰も撒かなかったタネを撒かれて…
今年は芽が出る年だと思っているんですよ。
どんな芽が出て、どうなっていくのかなっていうのを
楽しみにしているんですよね』。

大変だったことも多いですが、
その経験から得られたものに目を向けていきたいと
お話ししてくださいました。

そして、おやじダンサーズとしての活動は・・・

『おやじダンサーズを始めて10年経って、あと10年やると考えた時に
また最初からやれば良いと思ったんですね。
10年間やった経験があるから、
また10年前にやったことをやればいいなと思ったんですね。
だから、おやじダンサーズはなにも変わらず、
メンバーがいる限りは同じことをやっていると思いますね。
10年とか5年でグルグル回っているものだと考えているから
何か迷ったら、また最初に戻ればいいかなという風には
いつも思いますね』。

毎日を楽しく過ごすことを大切にされているパパイヤさんは
昨年に再開されたダイエットも緩めにされているそうで、
特に自粛生活や年末年始のイベント事が多いかったことから
5キロ増えてしまったそうです。

今後は世代交代を視野に入れて活動をしていくとのこと。

『振り付けも全てそうですね。
どんどん若い子たちが前に出ていくのを後ろから背中を押すという…
20歳の頃に戻って指導をしたいです。
なるべく僕ではなくて若い子たちが
どんどんと前に出られる環境を作ることをしていきたいですね』。

ON AIR LIST

  • JUICE / LIZZO
  • WRAPPED UP / OLLY MURS
  • ROCK THE BOAT / THE HUES CORPORATION
  • CLOSER /THE CHAINSMOKERS

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME