J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.06.16

日本の文化再発見!オススメの展覧会紹介

オススメの展覧会の話。
1つ目は、大正ロマンを代表する竹久夢二の展覧会「夢二繚乱」です。
今回は回顧展なんですが
竹久夢二の生涯を自伝小説に基づいて表現されているもので
明治から大正、昭和にかけて、彼の技法の進化も見やすく、
徐々に日本画と洋画の技法の両方を駆使していく過程や、
夢二の人・画家としての成長も見られるし
さらに、日本の文化の進化も覗けるようになっています。
開催場所の「東京ステーションギャラリー」も、
東京駅の旧建物を残しつつ造られた美術館なので、
歴史を肌で感じることができる空間だと思います。
そして、大正にもっと触れたいという方は、たばこと塩の博物館で開催中の
「モボ・モガが見たトーキョー 〜モノでたどる日本の生活・文化〜」も
オススメです。「モボ・モガ」というのは「モダンボーイ・モダンガール」の略語で、
この展覧会は「モボ・モガ」が登場した大正から終戦して復興するまでの
東京を振り返る内容になっています。凄い激動の時期ですよね。
産業化が急速に進んで、洋風のライフスタイルが一般化した大衆消費時代が始まり、
そして昭和恐慌、太平洋戦争の開戦、終戦、復興。
これらを石鹸とか鉄道、タバコやお菓子など、
身近なもので振り返る展覧会になっています。
こういう時代に輝いていたモボ・モガたちが
戦争に取り込まれてしまうということにやるせない気持ちもあるんですけど、
もっと軽い見方で、単純にグラフィックデザインとして、
ものすごいカッコいい物が多いんです。
日用品を見るだけで、とても楽しかったです。
たばこと塩の博物館、渋谷から移動して東京スカイツリーの麓にあるので、
ちょっと下町散歩しながら、粋な日本を振り返るのもどうでしょうか?

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME