J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2019.11.23

行動科学者の石井遼介さん

++ Introduction ++

「心理的安全性」のスペシャリストと謳われる行動科学者、
石井遼介さんの仕事は大きく分けて、
研究者として会社組織やチーム内の人間関係や個人の状態を分析して
数字で測定、そしてそのデータやビジネスの実践の中で判ったことを
研修やトレーニングという形で企業の人やアスリートに伝える、という
二つの側面があるとか。

より良いチーム作りのために大事なのが「心理的安全性」で、
“チャレンジできる”“言いにくいことでもはっきり言える”
“健全な意見の衝突ができる”という状態が必要だということです。

『日本における会社の「心理的安全性」を保つために求められる
“率直に話す”“助け合う”“現実を受け入れる”、“異能を歓迎する”
といった4つの因子を挙げて、組織内に「心理的安全性」を
作る作業をしています。そもそもは人の行動を予測して制御をする
「行動科学」のためのもので、日常で役立たない行動や習慣を止めて、
人生に新しく取り込みたい習慣を身につけることをお手伝いしています』。


++ Until now ++

“説明すること”が人生と語る石井さんは大学生という立場ながら
「心理的安全性」をテーマにして企業に内定した学生を集めて
学校で勝手に授業をしたり、MBA留学していたシンガポール国立大学で
独自に経済学の補講を開いて学生たちに人気を集めたということ。
現在は企業人やオリンピック選手などにノウハウを伝授しています。

『根本を考えると母子家庭で母親は耳が聴こえなかったので、
口頭で説明してもあまり通じないわけですね。
そうすると幼少期から紙に書いて図解で説明したり高度な説明スキルを
要求されたというか、そうしないと母親に分かってもらえないので…。
大変だと思いながら説明し続けたと思うんですけど、
それが今ではビジネスのフィールドの人たちには専門外の難しいことも
分かってもらえるように伝えられるように鍛えられました』。

石井さんは大学生の時に3社を起業しましたが全て誘われた形で
ナンバー2の参謀というポジションであり、その中でも「ゼンテク」は
創業期に手伝いで参加して現在も役員を務めているとか。

『僕の中では全部が“説明”なんですよね。
結局、提案が通らないとプロジェクトは実現しないので、
丁寧に上手く意味や意義を説明することをやり続けてきました』。

++ Right now ++

「行動科学者」という立場からご自身のオンオフについて分析すると・・・

『魚釣りをする人は魚が欲しいわけではないと思うんですね。
本当に魚だけ欲しいならスーパーに行ったほうが安くて早いわけで、
わざわざ釣りに出て餌を調達して頑張っても釣れなかったりすることも。
でも、釣り人は魚が釣れなくても嬉しいんですよ。
僕にとっての魚釣りは“説明する”ということであって、
専門的には「価値付けされた行動」「価値行動」と呼ぶのですが
見返りが無くてもやり続けたいことで、プライベートでもそうでなくても
基本はこの“説明する”という楽しい行動をとり続けているので、
あまりオンオフの切り替えとか仕事だから辛いものみたいな感覚は
全然無いんですよね』。

最近の趣味は「Kaggle」というウェブサイトで機械学習を学ぶことで、
台湾とミャンマーから日本に来ている優秀なデータサイエンティストと
月1〜2回のペースで集まって解答を探っているそうです。



++ From now on ++

“正解が無い”“誰も正解を知らない時代”に入っているという石井さんは
これまでの慣習から離れて自ら新たなものやスタイルを作り出して
結果から学ぶという習慣を身に付けるのがいいと考えているとか。

目標、夢、今後のビジョンについては・・・

『目標、夢、ビジョンは無いほうがいいと思っているんですよね。
今、働かれている方はその場所で与えられているミッションがあって、
これに全力投球することは先ずできると思うんですけど、
夢やビジョンを描くのは今の時点での僕が思い描く範囲でしかなくて、
むしろ、楽しく目の前の仕事をしている時にチャンスが降ってきたりと…。
声をかけられたり誘ってくださる人からもたらされると思っていて、
それに軽やかに乗っていくと昔の自分が描こうとしても見えなかった
場所まで行けると思っています』。

ON AIR LIST

  • SMOOTH OPERATOR / SADE
  • POPULAR SONG / MIKA FEAT. ARIANA GRANDE
  • REWRITE THE STARS / ZAC EFRON & ZENDAYA
  • ME AND YOU / HONNE

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME