2017年10月30日

サチモス、パスピエ、04リミ、夜ダン!キングスプレイスライヴ、第12弾!!

■J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE vol.12
日時:2016年12月26日(月)
会場:新木場STUDIO COAST
出演:04 Limited Sazabys / Suchmos / 夜の本気ダンス / パスピエ

★Suchmos
Suchmos_NO10812.jpg

★04 Limited Sazabys
04limi_NO11220.jpg

★パスピエ
paspie_NO10166.jpg

★夜の本気ダンス
yorudan_NO30223.jpg

J-WAVEの番組「THE KINGS PLACE」発のライブイベント「THE KINGS PLACE LIVE」。2016年の「THE KINGS PLACE LIVE」を締めくくる第12弾は、夜の本気ダンス(月 )、パスピエ(火 )、04 Limited Sazabys(水)、Suchmos(木 )の各曜日ナビゲーターが集結しました。それぞれ音楽性の違う4組による ライブ、12月26日に新木場・STUDIO COASTにて行われた当日の模様をお届けします!

■1.パスピエ
paspie_NO10353.jpg

paspie_NO20130.jpg

paspie_NO30149.jpg

【セットリスト】
1. つくり囃子
2. ON THE AIR
3. 永すぎた春
4. 月暈
5. メーデー
6. MATATABISTEP

まずトップバッターを飾ったのは、火曜ナビゲーターのパスピエ。ナビゲーターも3年目に入り、現「キンプレ」の中でも一番の古株となった彼らですが、さすが圧巻とも言えるライブで、「つくり囃子」「ON THE AIR」「永すぎた春」を立て続けに披露。そんなパスピエの世界に引き込まれる会場。「外は寒いけどあったまってますか〜?」と、曲間には大胡田なつき(Vo)の気遣いもありながら、「月暈」「メーデー」、そして「MATATABISTEP」で締めます。MCは少なめに、トップバッターらしく会場を盛り上げることに徹したパスピエでした。

■2.夜の本気ダンス
yorudan_NO10484.jpg

yorudan_NO10751.jpg

yorudan_NO30240.jpg

【セットリスト】
1. Crazy Dancer
2. LIBERTY
3. escape with you.
4. Without You
5. fuckin' so tired

2組目に登場したのは、月曜ナビゲーター・夜の本気ダンス。「お集まりの皆さん、踊れる準備はできてますか!?」という米田貴紀(Vo/Gt)のお決まりのかけ声から「Crazy Dancer」がスタート。続けて「LIBERTY」を演奏後、こちらもお決まりの鈴鹿秋斗(Dr)の軽妙なMCへ。
「キンプレ」ナビゲーターとしては一番の“後輩”ですが、「ライブではそうも言ってられない」と意気込む鈴鹿。…とはいえ、ラジオも気になる様子。その場で、当日深夜2時からの自身の「キンプレ」に対し、「起きてる人〜?」と問いかけます。それに続く「起きてない人〜?」のフリ(!?)に半分以上が手をあげると、間髪入れず鋭いツッコミ! 笑いと喝采が沸き起こりました(笑)。その後も「Without You」から4曲、終始盛り上がりっぱなしのライブを披露しました!

■3.Suchmos
_NO10905.jpg

_NO10954.jpg

Suchmos_NO20212.jpg

【セットリスト】
1. BODY
2. YMM
3. DUMBO
4. STAY TUNE
5. MINT

3組目は木曜ナビゲーター、Suchmos。HSU(Ba)のファンキーなベースから「BODY」が始まると、会場全体がどよめき、「YMM」「DUMBO」の流れで「STAY TUNE」のイントロが鳴り始めると、ボルテージは最高潮に! ラストは「最強のジーパンの曲をやって帰ります」とYONCE(Vo)が言って「MINT」を演奏し、拍手喝采が巻き起こる夜の新木場をSuchmos色に染めていました。また、終始「新木場ー!」と叫ぶYONCEの声は、音源ではなかなか聴けない鋭いロックな声色。ステージを縦横無尽に踊る立ち振る舞いも、ライブだからこそ見れるSuchmosでした。

■4. 04 Limited Sazabys
04limi_NO11241.jpg

04limi_NO20276.jpg

04limi_NO20337.jpg

【セットリスト】
1. swim
2. monolith
3. mahoroba
4. Warp
5. Night on
6. me?
7. Horizon
8. Terminal
----------------
en. midnight cruising

トリとして4組目に登場したのは、水曜ナビゲーターの04 Limited Sazabys。1曲目から「swim」、さらに「monolith」「mahoroba」と畳みかけて盛り上げると、「Warp」には、この日初のモッシュが起きるほど、圧巻のライブ。パスピエ、夜の本気ダンス、Suchmos、それぞれの音楽を尊敬していると評価しながらも「俺たちにしかできないことをやる!」と高らかに宣言し、最後には「Horizon」「Terminal」と立て続けに披露。

最後の曲が終了してもなお、鳴り止まない拍手の中でそのままアンコールへ。「midnight cruising」を演奏し、全9曲をやりきったフォーリミ。熱が冷めやらぬまま、ステージを去って行きました。

番組「THE KINGS PLACE」サイトへ

staff| 16:49 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年10月27日

キングスプレイスライヴ、第14弾!!04リミの卒業ライヴ!!

■J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE vol.14
日時:2017年9月28日(木)
会場:Zepp DiverCity TOKYO
出演:04 Limited Sazabys / フレデリック / 夜の本気ダンス / Bentham

★04 Limited Sazabys
_NO30308.jpg

★フレデリック
_NO60727.jpg

★夜の本気ダンス
_NO60509.jpg

★Bentham
_NO60243.jpg

ロックバンドが日替わりでナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組「THE KINGS PLACE」発の、ライブイベント「THE KINGS PLACE LIVE」。その第14弾が月〜木曜のナビゲーターが勢ぞろいして、9月28日のZepp DiverCity TOKYOにて開催されました。9月いっぱいをもって同番組を卒業した04 Limited Sazabysと、「THE KINGS PLACE LIVE」ではもはやお馴染の夜の本気ダンス、そしてフレデリック、Benthamが共演! オーディエンスと共に熱いパフォーマンスでフォーリミを送別しました。

■1.Bentham
_NO10152.jpg

_NO30013.jpg

_NO60047.jpg

【SET LIST】
1.クレイジーガール 
2.激しい雨
3.HEY!!
4.Chicago
5.パブリック
6.僕とラグラン

トップバッターは、木曜ナビゲーターのBentham。「クレイジーガール」から会場のテンションはいきなりMAXに! その盛り上がりを見て須田(Gt)も「だいぶ出来上がってますね」と満足げ。今回は「激しい雨」など全5曲を演奏し、メンバーがステージを降りたのですが、ここで場内にアナウンスが…。それは、彼ら自身が担当する「THE KINGS PLACE」放送の中で、「元カノからもらったものを使い続けますか?」という質問に、小関(Vo/Gt)が“元カノからもらったラグランのTシャツをパジャマにしている”と答えたという内容。

そんなアナウンスが終わると、暗いステージに小関が一人でギターを抱えて再登場! なんとこの日のためだけに作った曲「僕とラグラン」を披露し、会場を笑いとサプライズで沸かせました!

_NO30053.jpg

■2. 夜の本気ダンス
_NO10215.jpg

_NO30227.jpg

_NO60478.jpg

【SET LIST】1.WHERE?
2.SHINY
3.By My Side
4.Ride
5.TAKE MY HAND

2組目に登場したのは月曜ナビゲーター、夜の本気ダンス。
「WHERE?」「SHINY」のお馴染のダンスチューンを一気に披露。Benthamで盛り上がったオーディエンスをまったく休ませません! そして今回も鈴鹿(Dr)のトークが炸裂します! その中で04 Limited Sazabysにも触れ、「キンプレ卒業? 放送時間が深夜の2時から1時に繰り上がって、フォーリミのファンも『よっしゃ! 聴きやすい』っていう時に…どこ行っとんねん! って感じやんなぁ?」と、鈴鹿らしい言葉で惜別の思いを表現。そして「でも今日は、フォーリミを送り届ける一心でライブしたいと思いますんでよろしくどうぞ!」と煽り、その言葉通り、怒涛のステージでオーディエンスを踊らせました。

■3. フレデリック
_NO30269.jpg

_NO30271.jpg

_NO60748.jpg

【SET LIST】
1.オンリーワンダー
2.ナイトステップ
3.まちがいさがしの国
4.オドループ
5.TOGENKYO

3組目は、火曜ナビゲーターのフレデリック。J-WAVEでは、「INNOVATION WORLD FESTA」での、メディアアートとコラボレーションしたステージも印象的でしたが、「THE KINGS PLACE LIVE」は初登場!

「フレデリック、始めます!」と、「オンリーワンダー」「ナイトステップ」を立て続けに披露すると、照明の演出もあいまって会場はダンスフロアさながらの雰囲気に。フレデリック独特のサウンドとリズムでオーディエンスを魅了します。キラーチューン「オドループ」、そして新曲「TOGENKYO」で会場は大熱狂。オーディエンスによる曲中の手拍子もぴったり! 初登場とは思えないほど、キンプレライブをフレデリック色に染めました!

_NO60766.jpg

■. 04 Limited Sazabys
_NO10679.jpg

_NO10637.jpg

_NO10718.jpg

【SET LIST】
1.Letter
2.Warp
3.Now here, No where
4.Night on
5.fiction
6.midnight cruising
7.Squall
8.monolith
en.Give me

そしてこの日のラストを飾ったのは、前日27日(水)に番組最終回を終えた04 Limited Sazabys! 彼らにとって、初めてのレギュラー番組だったという「THE KINGS PLACE」。2年間続いてきましたが、どんなことにも終わりがある、とGEN(Vo/Ba)。

「永遠なんてないんだけど…。だからこそ、その瞬間瞬間を噛みしめて感じるしかないなと思ってます。もし仲悪くなっちゃったりしても、その時に好きだなって思ったり、その時に最高だなって思った気持ちは本物なので、しっかりその瞬間に感じるしかないなと思ってます。
(中略)
今日ここにいる間は、何も考えなくてもいいので、しっかり感じて帰ってください」(GEN)

そんな熱いメッセージから始まった「Squall」。その言葉を体現するかのように盛り上がるオーディエンスのテンションは最後まで変わらず、フォーリミと一緒に駆け抜けました。

また、MCの中でGENは「また絶対に何かしらのカタチで帰ってきたいと思います」とも語りました。その言葉に期待して待っていましょう!

_NO30392.jpg


番組「THE KINGS PLACE」サイトへ

staff| 14:12 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年10月23日

JUJUの魅力がギュッと・・・15名だけの特別な夜、J-WAVE BAR

J-WAVE BAR Vol.15〜JUJU
日時:2017年10月23日(月) 19:00開店
会場:六本木ヒルズ33F J-WAVEロビー特設会場
MC:LiLiCo(J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」ナビゲーター)
LIVE:JUJU

JUJU×小林武史、大人のラブソングにして初のオリジナル楽曲「いいわけ」をリリース直後のJUJUが、J-WAVE BARにて幸運にも抽選に当選したJ-me会員15名様を前に、貴重なライヴを披露してくれました。

HIG_9887.jpg

HIG_5247.jpg

★SET LIST
M1. やさしさで溢れるように
M2. Lullaby Of Birdland
M3. ラヴ・イズ・オーヴァー
M4. What You Want
M5. いいわけ
--------------------
Vo.: JUJU
Gt.: 石成正人
Key.: 草間信一

HIG_5288.jpg

HIG_9980.jpg

■JUJUの魅力がギュッと・・・15名だけの特別な夜
J-WAVEの無料会員サービス「J-me」の会員を対象に抽選で15名だけをご招待して行われるスペシャルイベント「J-WAVE BAR」が10月23日(月)に開催されました。

15回目となった今回はLiLiCoがMCを務め、シンガーのJUJUさんをお迎えしました。この日は台風が去った直後とあって、会場となったJ-WAVEのある、六本木ヒルズ33階からの夜景は本当に美しく、JUJUさんの魅力的な歌声をさらに素敵に演出しました。

割れんばかりの拍手で迎えられたJUJUさん、1曲目に披露したのは「やさしさで溢れるように」。歌い終わると、お客さん1人1人に「こんばんは」とあいさつし、お酒をすすめるなど、少し緊張気味だった会場をJUJUさんらしいトークで和やかな空気にしました。

オリジナル曲を歌う普段のツアー、カバー曲しか歌わない「ジュジュ苑」、スナックのママに扮する「スナックJUJU」、彼女のルーツであるJAZZの名曲を歌う、BLUE NOTE TOKYOでのJAZZライブなど、JUJUさんは本当に様々なスタイルのライブを行われています。

今回用意してくれたのは、なんとそれらの内容をギュッと凝縮したセットリスト。オリジナル曲はもちろん、歌謡曲のカバー、JAZZの名曲、そして最新曲「いいわけ」まで、まさにこの日しか体験できないスペシャルな内容でお送りしました。

カバー曲「ラヴ・イズ・オーヴァー」では、JUJUさんの歌唱力と表現力がバックの夜景に相まったオトナのムードに、会場のお客さんもうっとりと聴き入ります。

さらにアップナンバー、「What You Want」では、お客さんに歌詞の一部「What a good time!」を歌ってもらうことで会場を一つにさせました。15人とは思えない盛り上がりに「歌うのって、いいものですよね。もう一回やりたい」とJUJUさん。

最後を締めくくったのは最新曲「いいわけ」。

「大人になればなるほど、傷つく回数が増えれば増えるほど、人って心に鎧を着せていって、本音で語り合わなくなって…それは恋愛関係だけじゃなくて、人間関係の中でもありますよね。、、大人だからこそ本音でぶつかり合って、『これ言うと、こうだな』って言い訳を自分にするでもなく、本当の気持ちをその人に知ってもらうことの方がきっといいんじゃないかなって思って、今回、この曲を祈りにも似た気持ちで歌わせていただいています」(JUJUさん、以下同)

そんなメッセージと共に披露された「いいわけ」は、いつも聴いている以上に心に刺さった方もたくさんいらっしゃったと思います。歌い終わった後、大きな拍手が会場を包みました。

そして、ライブが終わった後のLiLiCoとのトーク・パートでは、「いいわけ」に関するこんな裏エピソードも聞かせてくださいました。

今回は小林武史さんプロデュースなのですが、「最初は断られたんです(笑)」とJUJUさん。お願いした当時、小林さんは石巻で行われた「Reborn-Art Festival 2017」の最中で大忙しだったそう。

「急に私たちが思い立ってお願いしたものですから、『ちゃんと時間のある時にやるならともかく、こんな時間のない時にそういうのできないんで』ってお断りされてしまい。」

しかし、それでも諦めきれなかったため、今度は仮歌を入れたデモ音源をお送りしたら、引き受けてくださったそう。仮歌は「ラララ」だったそうですが、それで小林さんの心を動かしたのですから、それだけJUJUさんの歌声には魅力があるということですよね!

この他にもJUJUさんが大好きなスナックについて語り、LiLiCoと大盛り上がり。歌だけでなくトークでも存分に楽しませていただいた夜でした!

この日の模様は10月27日、11月10日(共に金曜)にJ-WAVEの番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)内でオンエアされるので、ぜひチェックしてください!

HIG_5375.jpg

HIG_9780.jpg

★この日のスペシャルライヴの模様は、J-WAVE(81.3FM)の番組
「ALL GOOD FRIDAY」(毎週金曜午前11:30〜午後4:00/ナビゲーター:LiLiCo、稲葉 友)で、
◎10月27日(金)
◎11月10日(土)
の二回に分けてライヴ音源とJUJU+LiLiCoによるトークをオンエアします!
お聴き逃しなく!


■「いいわけ」
JKT_small.jpg
☆初回生産限定盤【CD+DVD】
AICL-3416〜7 ¥2,000(税込)
[CD]1.いいわけ 2.RISKY 3.STAY WITH ME 4.いいわけ-Instrumental-
[DVD] JUJU TOUR 2016 WHAT YOU WANT -3rd selection-
1.始まりはいつも突然に 2.Unsatisfied 3.PLAYBACK 4. What You Want
☆通常盤【CD】
AICL-3418 ¥1,280(税込)

【JUJU公式サイト】

【J-me公式サイト】
※J-WAVE LISTENERS COMMUNITY <J-me>(ジェイミー)とは?
ソーシャルメディア時代の、全く新しいJ-WAVEのインターネット会員サービスです。
J-WAVEを聞きながらサイトにアクセスすればするほど、
ポイントが貯まって様々なサービスをご利用いただけます。
★ソーシャルメディアに連携!
facebook、twitter、mixi、Googleなどのアカウントでそのまま入会登録OK!
★J-WAVEサイトでポイントが貯まる!
サイト内の番組情報をソーシャルメディアに拡散するとポイントを獲得!
★ポイントが貯まると会員ランクがUP!
★J-WAVEサイトで様々なアクティビティに参加すると、
様々なバーチャルバッジをゲットできます。
★毎月限定イベントにご招待!
毎月音楽や映画などの様々な会員限定イベントが開催されます。
★もちろん、入会費は無料!ご入会はコチラから

jwave_0625_001_h.jpg

staff| 10:42 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年09月21日

cero×ペトロールズ!LIVE OASISライヴ写真&セットリスト

■J-WAVE×HOT STUFF "LIVE OASIS"
日時:2017年9月20日(水) 18:00/19:00
会場: EX THEATER ROPPONGI
LIVE: cero / ペトロールズ
MC: 渡辺 祐(J-WAVEナビゲーター)
Photo by 仁礼 博 (except "KANPAI")
Text by 今井智子

ceroペトロールズ(アンコール・セッションより)
3S7A8562-12.jpg

ペトロールズ
4U8A8253-28.jpg

3S7A8156-20.jpg

3S7A8057-4.jpg

4U8A8196-16.jpg

★ペトロールズ SET LIST
M1. KA・MO・NE
M2. カザーナ
M3. 表現
M4. amber
M5. 水蒸気
M6. シェイプ
M7. Talassa
M8. 闖入者
M9. 止まれ見よ

ペトロールズ are
長岡亮介 (Vo./G.)
三浦淳悟 (B./Cho.)
河村俊秀 (Dr./Cho.)

cero
3S7A8449-26.jpg

3S7A8334-10.jpg

4U8A8439-28.jpg

4U8A8367-16.jpg

4U8A8414-23.jpg

★ペトロールズ SET LIST
M1. マイ・ロスト・シティー
M2. Yellow Magus
M3. Elephant Ghost
M4. 我が名はスカラベ
M5. 魚の骨 鳥の羽
M6. (タイトル未定)
M7. TWNKL
M8. Orphans
M9. 街の報せ

cero are
眈訃淑 (Vo./G.)
荒内 佑 (Key.)
橋本 翼 (G./Cho.)

光永 渉 (Dr.)
厚海義朗 (B.)
小田朋美 (Key./Cho.)
古川 麦 (Tp./others)
松井 泉 (Per.)

★ceroとペトロールズ(Encore Session)
4U8A8462-5.jpg

EC1. 少年 (GEISHA GIRLS' Cover)

★MCはJ-WAVE「RADIO DONUTS」ナビゲーターの、渡辺 祐!
tasuku2.jpg

■Special Report
 第4回を迎えたJ-WAVExHOT STUFF”LIVE OASIS"が、9月20日、東京・六本木のEX THEATER ROPPONGIで行われた。出演したのはペトロールズとcero。ライヴ・シーンで注目の2バンドの共演を、フロア一杯の観客が待ちかねていた。J-WAVEでナビゲーターも務める渡辺祐が、前説でこの2バンドを「自由に音楽をやっているレアな2組」と紹介したが、まさにその通り。2004年に活動開始したceroは3人組だが、ライヴではサポート・メンバーを加えて豊かなサウンドを鳴らし、これまでに3枚のフル・アルバムをリリース、人気を高めてきた。一方、3人だけで従前のロック・バンドにないサウンドを奏でるペトロールズは、2007年にリリースした初ミニ・アルバム『仮免』から10年を迎え、大先輩ORIGINAL LOVEや話題のSuchmosらが参加したカヴァー・アルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ ?』が3月にリリースされたが、ペロトールズ自身は2015年8月に初のフル・アルバム『Renaissance』を出したきり。だがライヴでは、音源化されていない新曲も多く披露しているだけに、この夜もオーディエンスの期待は尋常ではない。
 
最初に登場したペトロールズは、そんな期待に応えるようにライヴでは演奏しているが未音源化の「KA・MO・NE」からスタート。長岡亮介(Vo,G)、三浦淳悟(B,Cho)、河村俊秀(D,Cho)が3つの楽器と3人の声だけで作る立体感のある音像は、最小限の音でどこまで豊かな音楽を作れるか試しているような緊張感と遊び心が共存する。ファルセットのコーラスが綾なす中、長岡のヴォーカルがシニカルな歌詞とともに前面に位置するのも妙味だ。MCで、次に出るceroが8人編成であることから「多勢に無勢。粛々と演奏してceroに渡します」などと言いながら9曲を演奏。全国ツアーの合間にこのステージに来た彼らにとって、ここも流れの中にあるのだろう。曲が進むほどに自在な演奏に力が入り、最近はほとんど演奏していない「水蒸気」から人気曲「止まれ見よ」など、どれもこの夜限りの演奏で魅了した。そして最後に、J-WAVEのジングル「81.3 J-WAVE」も歌う大サービス。

 続いて登場したceroはメンバーである眈訃淑(Vo,Flute)、荒内佑(Kb)、橋本翼(G,Cho)に、サポートのドラム、ベース、パーカッション、鍵盤、トランペットを加えた8人編成。華やかに様々な音が重なるアフリカン・テイストの祝祭的なサウンドで、幕開けの「マイ・ロスト・シティー」から盛り上げる。ダンサブルな「Yellow Magus」が続くと、オーディエンスは手を挙げ体を揺らした。8人が鳴らす音は巧みに重なりあってカオス寸前の高揚感を生み出し、眈襪硫里全てを従えて、更なる高みへとオーディエンスを導いていく。それにしても、いつにない高揚感の理由が中盤に眈襪MCで明らかに。数年前に共演して以来ペトロールズのファンであり、この2マンを心待ちにしていたそうだ。そんな思いの表れか、「Elephant Ghost」「我が名はスカラベ」と曲を続け、さらに幻想的な「TWNKL」など未発表曲を3曲も立て続けに披露。「そのうち、皆さんに音源として届くと思うので楽しみにしてください」と眈襪肋亟蕕鮓せた。ラストは最新シングルの「街の報せ」。おおらかな眈襪硫里肇好院璽覺兇里△覬藾佞ドラマチックに響いた。
 
 アンコールに応えて再登場したceroがペトロールズを呼び込み、一緒に演奏したのはGEISHA GIRLS(ダウンタウンが坂本龍一らと’94〜’96年に活動したユニット)の「少年」。荒内の提案で決まったそうで、坂本龍一がサイモン&ガーファンクルの「ボクサー」を意識して作ったという隠れた名曲が、この夜限りの素晴らしい演奏でカヴァーされた。演奏が終わり、眈襪「ありがとう!ペトロールズ!」と言えば長岡が「cero!二つ合わせてペロ!」と返し、この2バンドならではの緩やかで豊かなライヴが幕を閉じた。この貴重なライヴの模様は10月9日、J-WAVEで放送される。
[text by 今井智子(音楽評論家)] 

★After Show...KANPAI (PETROLZ+cero=Pero!)
kanpai.jpg

【番組情報】
番組名:「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TIME MACHINE RADIO」
放送日時:2017年10月9日(月・祝)9時−17時55分

◎J-WAVEではこのライヴ・イベントの模様をオンエア!
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TIME MACHINE RADIO」
OA日:2017年10月9日(月・祝)9時−18時55分内にて
*詳細時間は後日お知らせ

cero OFFICIAL SITE
ペトロールズ OFFICIAL SITE

staff| 21:49 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年07月02日

ピアノポップのアンドリュー・マクマホン、J-WAVE BARにご来店!

J-WAVE BAR Vol.14〜アンドリュー・マクマホン
日時:2017年6月27日(火) 19:00開店
会場:六本木ヒルズ33F J-WAVEロビー特設会場
MC:レイチェル・チャン(J-WAVE「SMILE ON SUNDAY」ナビゲーター)
LIVE:Andrew McMahon

サムシング・コーポレート、ジャックス・マネキンのフロントマンだったアンドリュー・マクマホンが、ソロユニット名義として3年ぶりとなる2作目『ファイヤー・エスケイプ』リリースを機に来日。そして、J-WAVE BARにて貴重なライヴを披露してくれました。

_MYA0309.JPG

_MYB0006.JPG

_MYB9927.JPG

_MYB9959.JPG

_MYB9872.JPG

_MYB0033.JPG

_MYA0252.JPG

OK_MYA0402.JPG


【アンドリュー・マクマホン公式サイト(Japan)】

■【J-me 公式サイト】http://www.j-wave.co.jp/jlc/
※J-WAVE LISTENERS COMMUNITY <J-me>(ジェイミー)とは?
ソーシャルメディア時代の、全く新しいJ-WAVEのインターネット会員サービスです。
J-WAVEを聞きながらサイトにアクセスすればするほど、
ポイントが貯まって様々なサービスをご利用いただけます。
★ソーシャルメディアに連携!
facebook、twitter、mixi、Googleなどのアカウントでそのまま入会登録OK!
★J-WAVEサイトでポイントが貯まる!
サイト内の番組情報をソーシャルメディアに拡散するとポイントを獲得!
★ポイントが貯まると会員ランクがUP!
★J-WAVEサイトで様々なアクティビティに参加すると、
様々なバーチャルバッジをゲットできます。
★毎月限定イベントにご招待!
毎月音楽や映画などの様々な会員限定イベントが開催されます。
★もちろん、入会費は無料!ご入会はコチラから

jwave_0625_001_h.jpg

staff| 05:17 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年04月14日

アイスランドの至宝、アウスゲイルの歌声をたった15名で。J-WAVE BAR 13、ライヴ写真とセットリスト

J-WAVE BAR Vol.13〜アウスゲイル
日時:2017年4月14日(金) 19:00開店
会場:六本木ヒルズ33F J-WAVEロビー特設会場
MC:横山エリカ(J-WAVE「FRUIT MARKET」ナビゲーター)
LIVE:アウスゲイル/Asgeir
Photo by Kamiiisaka Hajime

_Z8A1416.jpg

_Z8A1413.jpg

_Z8A1353.jpg

リスナーズ・コミュニティJ-me会員が交流できるバー「J-WAVE BAR」。
六本木ヒルズ33階J-WAVE局内に不定期でオープンするこの会場で、
特別に招待された15人のためだけに開催されるライブと
お酒と東京の夜景と共に楽しめる極上のイベント、
春の一夜、アイスランドの至宝アウスゲイルの歌声に
幸運な来場者が酔いしれました。

_Z8A1421.jpg

_R5A1513.jpg

_R5A1507.jpg

_R5A1480.jpg

【SET LIST】
1. Unbound (from『Afterglow』)
2. Dreaming (from『Afterglow』)
3. Going Home (from『In The Silence』)
4. Stardust (from『Afterglow』)
5. New Day (from『Afterglow』)

en. King and Cross (from『In The Silence』)

_R5A1479.jpg

_R5A1389.jpg

_Z8A1479.jpg

_Z8A1363.jpg

★アイスランドの天才シンガー・ソングライター、
待望のセカンド・アルバム『アフターグロウ』、リリース。
packshot_afterglow.jpg
CD:HSE-6393
Price:¥2,490(+Tax)
Release:04/28/2017

【アウスゲイル公式サイト(Japan)】

■【J-me 公式サイト】http://www.j-wave.co.jp/jlc/
※J-WAVE LISTENERS COMMUNITY <J-me>(ジェイミー)とは?
ソーシャルメディア時代の、全く新しいJ-WAVEのインターネット会員サービスです。
J-WAVEを聞きながらサイトにアクセスすればするほど、
ポイントが貯まって様々なサービスをご利用いただけます。
★ソーシャルメディアに連携!
facebook、twitter、mixi、Googleなどのアカウントでそのまま入会登録OK!
★J-WAVEサイトでポイントが貯まる!
サイト内の番組情報をソーシャルメディアに拡散するとポイントを獲得!
★ポイントが貯まると会員ランクがUP!
★J-WAVEサイトで様々なアクティビティに参加すると、
様々なバーチャルバッジをゲットできます。
★毎月限定イベントにご招待!
毎月音楽や映画などの様々な会員限定イベントが開催されます。
★もちろん、入会費は無料!ご入会はコチラから

jwave_0625_001_h.jpg

staff| 13:55 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年04月13日

GAKU-MC、Caravan、ウカスカジーのアカリトライブ2017!写真とセットリスト

■J-WAVE アカリトライブ 2017 supported by niko and ...
日時:2017年4月10日(月) 18:00/19:00
会場:東京国際フォーラムホールA
出演:GAKU-MC、Caravan、ウカスカジー
MC:レイチェル・チャン(J-WAVEナビゲーター)

★BAND:リズムソムリエズ are
GAKU-MC (Vocal/Guitar)
マツトモゴー (Guitar/Chorus)
カシムラトモヤ (Bass)
モリモトヨシキ (Drums)
田中菜緒子 (Keyboards)

Photo by Ryosuke Toyama

_MG_9185_re.jpg

■GAKU-MC
_MG_8263.jpg

_MG_9109.jpg

【SET LIST】
1. 自己ベスト
2. 昨日のNo,明日のYes
3. もしもラッパーじゃなかったら

_W1A8681.jpg

_MG_9014.jpg

■Caravan
_W1A8357.jpg

_MG_8312.jpg

【SET LIST】
1. Callin'
2. Trippin' Life
3. ハミングバード
4. アイトウレイ
5. Soul Music
6. サンティアゴの道

_MG_8345.jpg

_W1A8410.jpg

_W1A8538.jpg

_W1A8508.jpg

_MG_8395.jpg

■ウカスカジー
_W1A8955.jpg

【SET LIST】
1. 勝利の笑みを 君と
2. 縁JOY AMIGO
3. Anniversary
4. My Home
5. 春の歌
6. mi-chi

_W1A8745.jpg

■GAKU-MC
_W1A9177.jpg

【SET LIST】
1. take it slow
2. ついてない1日の終わり
3. LIFE IS A JOURNEY

【Encore】
1. 希望のアカリ (GAKU-MC+Caravan+桜井和寿)

★GAKU-MCが、"困難を乗り越えた人たちから産まれた生きる力のヒントをご紹介するプログラム「WORDS FROM THE FIELD」(毎週金曜06:30-06:40)を含む、「JK RADIO〜TOKYO UNITED」番組サイトへ。

★昨年、J-WAVEアカリトライブ2016(GAKU-MC、SKY-HI、家入レオ)の模様→ http://www.j-wave.co.jp/blog/eventarchives/2016/06/sky-higaku-mc2016.html

★一昨年、J-WAVEアカリトライブ2015(GAKU-MC、ナオト・インティライミ、C&K)の模様→ http://www.j-wave.co.jp/blog/eventarchives/2015/06

staff| 19:13 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年04月12日

ビッケ!ポルカ!ペギ―ズ!SONAR MUSIC LIVEライヴ写真&セットリスト

■J-WAVE SONAR MUSIC LIVE VOL.1日時:2017年4月9日(日)
会場:渋谷クラブクアトロ
出演:the peggies、ポルカドットスティングレイ、ビッケブランカ
    opening act:Althea
MC:藤田琢己(J-WAVE SONAR MUSIC ナビゲーター)
   emma(J-WAVE SONAR MUSIC 月曜・ミュージックレシーバー)

■ビッケブランカ
_AZD3280_M.jpg

■ポルカドットスティングレイ
SONAR MUSIC_170410_0005.jpg

■the peggies
_AZD2908_M.jpg

■opening act: Althea
_AZD2848_M.jpg

■MC:藤田琢己
_AZE3513_M.jpg

■MC: emma
_AZE3503_M.jpg

_AZD2896_M.jpg

★1. the peggies
_AZE3807_M.jpg

【SET LIST】
1. スプートニク
2. LOVE TRIP
3. ボーイミーツガール
4. MOTTO
5. グライダー
6. ドリーミージャーニー

_AZD3005_M.jpg

★2. ポルカドットスティングレイ
SONAR MUSIC_170410_0003.jpg

【SET LIST】
1.シンクロニシカ
2.人魚
3.本日未明
4.テレキャスター・ストライプ
5.夜明けのオレンジ
6.エレクトリック・パブリック

SONAR MUSIC_170410_0001.jpg

SONAR MUSIC_170410_0002.jpg

SONAR MUSIC_170410_0006.jpg

SONAR MUSIC_170410_0007.jpg

SONAR MUSIC_170410_0004.jpg

★3. ビッケブランカ
_AZA8549_M.jpg

_AZA8614_M.jpg

【SET LIST】
1.新曲
2,Take me Take out
3,Natural Woman
4,アシカダンス
5.Slave of love
6.ファビュラス

en. Your Days

_AZA8609_M.jpg

★opening act. Althea
_AZA7828_M.jpg

_AZA7925_M.jpg

_AZD2848_M.jpg

_AZE3496_M.jpg

番組「SONAR MUSIC」サイトへ

staff| 16:13 | カテゴリー:

2017年04月01日

Suchmos、パスピエの卒業ライヴ!そして、夜ダンも!キンプレライヴ13

■J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE vol.13
supported by 日本セーフティー

日時:2017年3月29日(水)
会場:新木場STUDIO COAST
出演:Suchmos / パスピエ / 夜の本気ダンス

★Suchmos
_M5_6974.jpg

Suchmos_7K_1077.jpg

★パスピエ
_M5_6602.jpg

_M5_6115.jpg

★夜の本気ダンス
IVI3808.jpg

M5_5501.jpg

■1. 夜の本気ダンス
IVI3888.jpg

【SET LIST】
1. WHERE?
2. Crazy Dancer
3. for young
4. SHINY
5. fuckin' so tired
6. 戦争

M5_5988.jpg

M5_6018.jpg

M5_5798.jpg

M5_5733.jpg

M5_5629.jpg

1組目に登場したのは、夜の本気ダンス。1曲目「WHERE?」から会場全体がダンスフロアさながらに!「Where!」「Is!」のコール&レスポンスが繰り広げられ、その勢いのままノンストップで2曲目、さらに続く「for young」ではオーディエンスが自由に飛び跳ね、波のようにうねる会場は圧巻でした。

そして、4曲目は2日前の「THE KINGS PLACE」内で“宇宙初オンエア”したばかりだった新曲「SHINY」を、これまた“宇宙初演奏”ということで披露!

MCでも鈴鹿秋斗(Dr)がパスピエ、Suchmosとの「夜ダンらしいエピソード」を披露したり、マイケル(Ba)が番組ネタでリスナーの笑いを誘ったり、全6曲で1組目とは思えないほど会場を盛り上げました!

■パスピエ
_IVI3982.jpg

【SET LIST】
1. 最終電車
2. 永すぎた春
3. メーデー
4. スーパーカー
5. つくり囃子
6. ハイパーリアリスト
7. MATATABISTEP
8. トキノワ

_IVI4070.jpg

_IVI3914.jpg

2組目は、前夜のオンエアで最終回を迎えたばかりのパスピエが登場。まずは「最終電車」でスタートしましたが、「今日は一緒に楽しんでいきましょう!」と大胡田なつき(Vo)の煽りで一気にヒートアップ。怒涛の3曲をたたみかけます。

「1時間の枠をもらってしゃべらせてもらうっていうのは、本当に貴重な経験で、僕らのいろんな内側を話すこともできたし、ラジオがあったからこそ、こうやっていろんなバンドとの繋がりがあって、また、今日来てくれたお客さんとも繋がれて」

そんな成田ハネダ(Key)からの挨拶で一息つくも、さらに「スーパーカー」からノンストップで駆け抜け、「この2年半でいろんな大切なものができました! 130回どうもありがとうございました! またお会いしましょう!」との大胡田の言葉で「トキノワ」を演奏。オーディエンスもパスピエの卒業を惜しみながらステージを精一杯楽しみました!

■Suchmos
_7K_1026.jpg

_M5_6710.jpg

Suchmos_7K_0793.jpg

【SET LIST】
1. BODY
2. PINKVIBES
3. Wiper (新曲)
4. A.G.I.T.
5. YMM
6. STAY TUNE
en. Pacific

Suchmos_IVI4263.jpg

_7K_0816.jpg

Suchmos_7K_0822.jpg

_IVI4618.jpg

Suchmos_IVI4553 (1).jpg

この日のラストを飾ったのはSuchmos! 暗がりの中、ステージに現れたYONCE(Vo)が手を掲げると、そのシルエットに会場からは歓声が。1曲目はベースラインが印象的な「BODY」。そして「J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE is PINKVIBES…」とプレイしたのは、「PINKVIBES」。ステージ狭しと踊りながら会場を煽るYONCE。

「PINKVIBES」を終えると会場のあちこちからの“YONCEコール”…するとそれに応えるように「Brandnew Song, 『Wiper』!」とまさかの新曲を披露! これには驚かれた人も多かったのでは? ギターのTAIKINGが前に出てのラウドなソロ、そして間奏、TAIHEIのキーボードが印象的なナンバーにオーディエンスも聴き入ります。

MCを挟み後半、立て続けにプレイされるキラーチューンに、待っていたと言わんばかりに揺れる会場。歓声を背に一度はステージを後にした6人ですが、会場の拍手は止まず、再びステージに。最後にJ-WAVE、「THE KINGS PLACE」、そして「音楽好き同士、一緒に楽しもうぜ」と音楽への愛を語り、Suchmosが“愛してやまない地元”を歌ったナンバー「Pacific」で「J-WAVE “THE KINGS PLACE” LIVE vol.13 supported by 日本セーフティー」を締めくくりました。(TEXT from「J-WAVE NEWS」)

番組「THE KINGS PLACE」サイトへ

staff| 15:17 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年03月19日

ギタージャンボリー、未公開写真を一挙掲載!

■J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by Volkswagen
2017年3月12日(日)
於:両国国技館
All Photo by 上飯坂一 Kamiiisaka Hajime

公式サイトにセットリストとライヴ写真を掲載中ですが、掲載しきれなかったライヴ写真をこちらに一挙掲載!
ギタージャンボリー公式サイトはこちらをご覧ください。

■斉藤和義
_Z8A9800.jpg

_R5A9957_1.jpg

_R5A0051.jpg

■浅井健一
_V3_9374.jpg

_R5A9840.jpg

■ハナレグミ
_Z8A9507.jpg

_Z8A9551.jpg

_R5A9641.jpg

_R5A9655.jpg

■トータス松本
_Z8A9376.jpg

_Z8A9293.jpg

_R5A9267.jpg

■miwa
_R5A9174.jpg

_V3_9027.jpg

■山内総一郎 (フジファブリック)
_Z8A8696.jpg

_Z8A8642.jpg

■石崎ひゅーい+マキタスポーツ
_R5A8672.jpg

_Z8A8464.jpg

_R5A8797.jpg

_R5A8934.jpg

_R5A8979.jpg

■竹原ピストル
_V3_8448.jpg

_V3_8422.jpg

■OPENING ACT:関取花
_Z8A8327.jpg

■GUEAT ACT:カノエラナ
_Z8A9138.jpg


_R5A8464.jpg

_V3_8397.jpg

★このライヴの模様は、
ライヴ特番としてJ-WAVE(81.3FM)で2週に渡ってオンエアします!
【番組情報】
番組名:「J-WAVE SUNDAY SESSION
Volkswagen J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」
ナビゲーター:藤田琢己
放送日時:
Part 1:2017年3月19日(日)23時−23時54分
Part 2:2017年3月26日(日)23時−23時54分
番組サイトへ。

★TV放映も!
【番組情報】
放送局: BS朝日(BSデジタル放送 5チャンネル)
番組名: 「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」
放送日時: 2017年3月27日(月) 21:00-23:00
BS朝日のサイトへ。

staff| 03:17 | カテゴリー:J-WAVEイベントJ-WAVEイベント

2017年 10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


バックナンバー

カテゴリー