VOICES FROM NIHONMONO

ARCHIVE

選んでください。

お家で学ぶ 書道、日本茶

日本の本物、にほんものの声を聴くVOICES FROM NIHONMONO。
今回は「家で学ぶ」というテーマで 書道と日本茶についてお送りしました。

書道について伺ったのは書道家の武田双雲さんです。

数年前に武田さんに書道を習った事があるという中田さん。
今では毎朝の書道を日課にしていて、
毎日続ける事が確実な上達に繋がっていることから
楽しみになっているのだそうです。

今回はキレイな字を書けるようになりたい、という方は多いと思いますが、
これから始める方はボールペンや筆などから
自分が書いていて「気持ちいい」と思う道具を選ぶ事から始めるのがおススメなのだとか。

キレイな字を学ぶのにおススメの書籍も教えていただきました。
「水で書ける大人の書道教室」(幻冬舎)
こちらは筆と、水で書ける紙もセットになっているので、
手軽に楽しく書が学べる一冊なんです。

書道家として活躍されている武田双雲さんですが、
最近では現代アーティスト・Souun?としても活躍。
書に色を加えたり、抽象度を上げた作品を創作し、
海外でも個展を開催するなど精力的に活動されています。

書を通じて世界ともつながり始めている双雲さん。
これからの活躍からもめが離せません。

▼武田双雲さん 公式WEBサイト
https://souun.net/


書道の次にご紹介したのは、日本茶の世界。
毎日の食卓に欠かせない日本茶ですが、その世界は深く、
日本茶インストラクターは人気の資格でもあります。

今回はNPO法人 日本茶インストラクター協会の
専務理事 奥村 静二さんにお話を伺いました。

日本茶インストラクター協会は1999年に発足、
今年で21期生を輩出。日本茶に関する資格制度では
一番古くからある、とも言われています。

これまでに日本茶インストラクターは4600名以上、
日本茶アドバイザーは12000人以上の方が取得しているのだとか。

専門的な知識を問われる日本茶の資格ですが、
茶葉の選び方や淹れ方など、
日本茶を日常敵に楽しむための知識は、
より手軽な日本茶検定で学べるそうなので、
お家で過ごす時間が増えた今、是非チェックしてみてください。

▼NPO法人 日本茶インストラクター協会
 https://www.nihoncha-inst.com/