UR LIFESTYLE COLLEGE

2021.12.05

ダンサーのアオイヤマダさん

吉岡里帆がナビゲート!
心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える
「UR LIFESTYLE COLLEGE」。
より豊かなライフスタイル、より良い生き方とは?
自然とのふれあい、生きた街の音、素敵な本や映画、音楽、
そして、人とのつながり・・・
様々なジャンルのゲストと考えていきます。


ゲストは、ダンサーのアオイヤマダさん。
そして後半は「GOOD LIVING COLLEGE」。
毎月1週目は、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんにお話を伺います。
今回のテーマは「親子で楽しむ おうち時間の過ごし方」です。

アオイヤマダさんは、2000年 長野県生まれ。
中学卒業後、高校進学をきっかけに上京し、
ダンサーとしての活動をスタート。
以来、米津玄師さん、Nulbarichなどのミュージックビデオや広告ビジュアルに参加、
雑誌のモデルとしても活躍されていらっしゃいます。
また今年の夏は、東京2020オリンピックの閉会式でパフォーマンスを披露されました。


アオイヤマダさんは長野県のご出身、
子どもの頃は、一人っ子だったということもあり、
頭の中の妄想をそのまま表現して遊んでいたそう。
雪が降った日には、かまくらを作ってそこに
好きな色の絵の具を塗ってみたりと幼少期から創造力豊かな少女でした。

ダンスをはじめたきっかけは、お母様からの提案。
最初はなんとなくはじめたんだとか...
ダンスをしていくうちにだんだんと自我目覚めたような、
覚醒していった感覚になっていったそうです。
ヤマダさん曰く「レモンを初めて齧ったような感覚」。


また地元の長野県愛も深く、
趣味で作ったという松本城のレオタード(別名カラス城)は、
松本市文化芸術表彰式典で披露され話題に。
(当日もそのレオタードを着て来てくださいました!)

レオタードの胸元には曽祖母様が大きくプリントされています。
ヤマダさん曰く、曽祖母ちゃんが生前に語っていらっしゃった、
遺骨を海へ散骨して欲しいという思いを受け、
「これを私が着て海で泳げば、少しは浄化されるかな?」と。
レオタードには、地元への愛と曽祖母様への愛が込められています。



そんなアオイヤマダさんのライフスタイル、
快適に暮らすために心がけていることは、
ダンサーとしても主婦としても「食」に気を遣うこと。
毎日、旦那様のために手作りのお弁当を作っているというアオイさん、
色を組み合わせたり、味を想像したり、絵かくみたいに
クリエイティブな作業だと、楽しみにながらやられていらっしゃいます!
最近では、ぬかづけ作りにもハマっているそう!

最近お引っ越しをされたばかりだということで、お部屋はスッキリとした雰囲気。
お部屋の一角には、旦那様の家庭用ゴルフ練習芝なんかもあります。



今後の活動の目標として、最近、楽曲制作にも挑戦しているアオイさん、
その楽曲とオリジナルレオタードと共に、ライブをしていきたいそうです!


今回のゲスト、アオイヤマダさんの
活動情報などは、公式SNSなどで随時更新中。

是非、こちらもチェックしてみてください!

長野県 松本市

アオイヤマダさんの地元 長野県 松本市。
趣味で作ったという松本城のレオタード(別名カラス城)には、
地元への愛と曽祖母様への愛が込められています。

GUEST

住生活ジャーナリスト 藤原千秋さん