UR LIFESTYLE COLLEGE

2020.02.16

ずん 飯尾和樹さん

吉岡里帆がナビゲート!
心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える
「UR LIFESTYLE COLLEGE」。
より豊かなライフスタイル、より良い生き方とは?
自然とのふれあい、生きた街の音、素敵な本や映画、音楽、
そして、人とのつながり・・・
様々なジャンルのゲストと考えていきます。

ゲストは、ずんの飯尾和樹さん!
そして後半は「GOOD LIVING COLLEGE」。
毎月3週目は、コミュニティデザイナー、
社会福祉士でstudio-L代表の山崎亮さんです。
今回は「職場と地域社会の違い」です。

幼少期から人を笑わすことが好きでネタを披露していたという飯尾さん。
持ちギャグ「パックリピスターチオ」は、
小学生の時に、お父様が食べていたピスタチオの
言葉の語感が面白く、そこから生まれたネタだったそう。


そんな飯尾さん、20代の頃は劇団に入ってみたり、フリーターをやっていたりと、
なんとな?くな日常を過ごされていたそうですが、
そろそろなんかやらないと!と思い、現在所属の浅井企画へ。

下積み時代は、「もう潮時かな…」と思う時も多々あったそうですが、
同期のキャイ?ンさんや大先輩の関根勤さんの支えもあり、ここまで来れたそうです。



ご自宅では観葉植物のパキラを育てているという飯尾さん。
快適に暮らすために心がけていることは、「天井の高さ」だそうです。
現在育てているパキラは、なんと2m越え!
元気なパキラのためにも自宅の天井は高くないとダメなんだとか!



今回のゲスト、ずんの飯尾和樹さんの
初のエッセイ集 「どのみちぺっこり」がパルコ出版から発売中!

また、名古屋パルコにて
「ずん飯尾のどのみちぺっこり展」が3月1日まで開催中です。

こちらも是非チェックしてみてください。

学芸大学

学芸大学

飯尾さんの地元 学芸大学。

当時からおしゃれな喫茶店が立ち並ぶ駅前。
高校生の頃、喫茶店デビューをした思い出の街です。

飯尾少年、カッコつけてブラックコーヒーを飲んでみましたが、
苦くて、速攻砂糖とミルクを入れたとのこと!

GUEST

山崎亮さん