UR LIFESTYLE COLLEGE

2020.08.09

麒麟 川島明さん

吉岡里帆がナビゲート!
心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える
「UR LIFESTYLE COLLEGE」。
より豊かなライフスタイル、より良い生き方とは?
自然とのふれあい、生きた街の音、素敵な本や映画、音楽、
そして、人とのつながり・・・
様々なジャンルのゲストと考えていきます。

ゲストは、麒麟の川島明さん!
そして後半は「GOOD LIVING COLLEGE」。
毎月2週目は、フラワーアーティストの前田有紀さんにお話を伺います。
今回のテーマは「夏のお花の楽しみ方」です。


京都府宇治市ご出身の川島さん。
歴史あるお寺が連なる街で育ち、ご実家は10円玉にも描かれている平等院鳳凰堂の近所。
放課後はお寺で鬼ごっこをしたりと、京都ならでは贅沢な遊び方をしてたそうです。
家で1人 黙々と遊ぶことも好きだったそうで、絵を描いたり、
洗濯バサミで独自の創作物を作って遊んだりもしていたんだとか。

幼少期から想像力豊かだった川島さん。
お笑い芸人になりたいと思ったのは、なんと5歳の頃。
お笑い文化が盛んな関西地区、テレビ番組などで芸人さんが出ていたのを見て、
芸人さんってカッコイイなと思ったそうです。

本格的にお笑い芸人を目指したのは高校生の頃。
ラジオ番組が大好きで、毎週聴いているうちに「この人たちと仕事がしたい!」と思うように。
最初はいろんな番組にハガキ職人として投稿し、自分の実力を確かめていたそうです。


1999年(20歳頃)に、相方 田村裕さんとコンビを組み、大阪で1人暮らしをスタート。
初めての1人暮らしは、大阪市西区の肥後橋近辺、
日当たりはゼロ、シャワーがチョロチョロと漏れているような環境だったそう。
以降、アルバイトをしながら、お仕事が入るの待つ日々が続きます。

当時、アルバイトとして働いていたのが、個人経営のハンバーグ屋さん。
平日はフルタイムで働いき、ありがたいことに3食の賄い付き。
賄い全てハンバーグだったそうですが、
3食 食べても飽きないほどの美味しさだったそうです。


そんな川島さん、快適に暮らすために心がけていることは、
「仕事を家に持ち込まない」。
仕事がうまくいかなった日でも、玄関を開ける瞬間に気持ちを切り替えて
「ただいま!」と笑顔で帰るようにしているそうです。

また、家事全般がお好きだという川島さん。
特に洗濯が好きで、洗濯機が回っているのを見ると幸せを感じるとか。
最近は斜めドラム式洗濯機が世に出始め心を擽ります。
川島さん的には、様々な工程を経る洗濯機は、
もはやライブで、洗濯機が回るのを見ながらお酒が飲めるそうです(笑)



今回のゲスト、麒麟の川島明さんの
著書「#麒麟川島のタグ大喜利」が発売中!

こちらも是非チェックしてみてください!


宇治市

川島さんの故郷 京都府宇治市。
10円玉にも描かれている平等院鳳凰堂の近所で育った川島さん。

当時は友達とお寺で鬼ごっこなどをしていたそう。
振り返ると、なんて贅沢な遊び方をしていたんだなーと (笑)

GUEST

フラワーアーティスト 前田有紀さん