【注目の学生アーティスト】ゆったりとしたかっこよさがある! ラッパー「Rin音」

2019年08月16日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していきます。8月7日(水)のオンエアでは、Rin音(リンネ)さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらいました。


■始めたきっかけは「MCバトル」

【前回の記事】フリースタイルバトルから楽曲制作へ! ラッパー・クボタカイの魅力

ラッパーのクボタカイさんが「優しい人間性がすごく滲み出てて、心地いいゆったりしたかっこよさがある」と紹介していたRin音さん。曲を聴いたあっこゴリラも「夏の夜にピッタリなナンバー」とコメントしています。そんなRin音さんは、一昨年とか昨年あたりから活動してるといいます。Rin音さんに話を訊きました。

あっこゴリラ:トラックは作ってもらってるの?
Rin音:トラックは、福岡で活動してるshunくんっていうトラックメーカーに作ってもらってます。紹介してくれたクボタカイのトラックもshunくんが作ってたりしてて。
あっこゴリラ:そうなんだ〜。その友達に作ってもらって、ラップ始めたんですか?
Rin音:始めたのは、MCバトルがきっかけで。バトルで勝つとライブの権利がもらえるから、「ライブしてよ」って言われて、曲作らないといけなくて。
あっこゴリラ:そしたら曲作るのが楽しくなっちゃってみたいな?
Rin音:そうですね。
あっこゴリラ:楽しいよね。傷つけ合わなくていいもんね。アハハハハ!
Rin音:ほんとそうなんです。そこデカイです。
あっこゴリラ:福岡とかバチバチな感じだよね。私の友達の福岡のラッパーも、けっこうバチバチなスタイルだもんね。でも福岡は、バンドもアツいし、音楽がまたにぎやかな街だよね。
Rin音:にぎやかで楽しいですね。



■初EP『film drip』リリース!

そんなRin音さんに、普段はどのあたりでライブをしているのでしょうか。

あっこゴリラ:福岡でライブしてる?
Rin音:福岡が多いですね。最近は、別の地方にも呼ばれるようになって。
あっこゴリラ:そうなんだね。私、前に福岡のKieth Flackでライブした。
Rin音:すごい見た目が特徴的なライブハウスですよね。
あっこゴリラ:そう! 福岡に城みたいなとこがあってね。福岡行くことがあったら、みんな見に行ってほしい。じゃあ、Rin音さんから何かお知らせとかありますか?
Rin音:初めてのEP『film drip』をリリースしました。Apple Musicとかでも聴けるので、ぜひ聴いてみてください。
あっこゴリラ:もうリリースもしてて、すごいね。みなさん、ぜひチェックしてみてください。



■今まで聴いたことないようなタイプのトラックメーカー

そんな、Rin音さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「uncualc(アンカルク)」。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
Rin音:「HAKATA NOBOSE」っていう博多のイベントで、たまたま知り合って。トラックメーカーなんですけど、自分が今まで聴いたことないようなタイプのトラックで。
あっこゴリラ:おお〜! いいよね〜、そういう出会い。
Rin音:ほんとビックリして。すごく推したいなと思って。


次回は、uncualc(アンカルク)さんに話を訊くとともに、おすすめアーティストを紹介してもらいます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
Recommended by

News Ranking

Archive