野菜が濃厚でおいしい! 「VEGETABLE LIFE」のメニューにマリエ感動

2019年02月06日

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。2月2日(土)のオンエアでは、白金台にあるデリカテッセン「VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN」を紹介しました。


■有機、無添加、手作りにこだわった食事

白金台駅から徒歩2分ほどのところにある複合施設「ゆかしの杜」1階にある「VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN」。運営とプロデュースは株式会社八芳園が行っています。お店のコンセプトについて、担当者に訊きました。

担当者:オーガニックの野菜であったり、自然栽培の野菜、生産者の方の顔が見えるような、こだわりの野菜をみなさんに、デイリーに楽しんでいだけるように作りました。野菜は農薬に頼らない、自然の力で育ったものを使っていて、調味料も無添加で手作りのお惣菜です。普段召し上がっている野菜よりも味が強いので、感じていただける方には、わかってもらえる野菜です。
マリエ:どんなお客様がいらっしゃいますか?
担当者:ご近隣をお散歩されているご年配のお客様だったり、若いカップルの方だったり、お子様連れのお母様方がゆっくり時間を過ごすのに使っていただいています。

店内には、木で作られた机や椅子が並んでおり、歴史を感じる窓枠から日差しが降り注ぐ、あたたかい空間です。


■こだわりのメニューを紹介!

フード、ドリンク、スイーツまで、野菜が主役のメニューがたくさん。一番人気は野菜・魚・肉の中からメインが選べて、3種類のデリがつく「ベジボックス」です。

ラインナップは、ブレンドした雑穀米、「うえのはらハーブガーデン」のレタス類、自家製の日替わりデリ3種類、メインに「にらさわ豆腐店」の豆腐をステーキ状に仕上げて八丁味噌のソースをかけたものがあります。「とにかく野菜が本当に濃厚でおいしい」とマリエも大満足。季節や仕入れ状況によって、デリの内容は変わります。

「VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN」

続いて、「りんごのキャラメルタルト」も用意していただきました。米粉を使ったグルテンフリーのデザートです。豆乳のクリームなので、通常の生クリームよりもヘルシーな仕上がり。生地にキャラメルを練り込んでいるので、りんごの爽やかさが強調されます。マリエは「甘さがしっかりしていて、そのあとに爽やかな香りが口の中に広がります」と、こちらも大絶賛でした。

りんごのキャラメルタルト

デザートは月に2種類、旬のフルーツを使ったデザートとシフォンケーキを用意しています。お店の水にもこだわっていて、季節のフルーツを使ったデトックスウォーターも提供しています。

さらに、お店で使われている食器も、天然素材100パーセントで作られているという徹底ぶり。マリエは「意識の高さに感動しました」と感想を述べました。みなさんも、ぜひ足を運んでみてください!

「VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN」

次回2月9日(土)の『SEASONS』では、ファッションデザイナーのドン小西さんが登場。春のファッショントレンドから、有名人のファッションチェックまで、楽しいトークを展開します!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/
Recommended by

News Ranking

Archive