特撮ヒーロー系のおもちゃが増えている!? 1年間買い続けると20万円超え!

2018年12月20日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月19日(水)のオンエアでは、特撮ヒーロー系おもちゃの裏側に注目。週刊はてなブログや『別冊映画秘宝 特撮秘宝』などで記事を書いている、特撮ヒーローマニアの結騎 了さんにお話を伺いました。


■テレビで見たものがすぐ手に入る

近年、特撮ヒーロー系おもちゃが驚くべき勢いで増えています。

サッシャ:何でこんなことになったんですか!?
結騎:恐らくですが、少子化で子どもの数も減ってきていて、子どもでもスマホを持つなど娯楽が多様化しています。おもちゃメーカーさんも、より多くのおもちゃをどんどん見せていくことでお子さんの関心を引っ張っていきたいのかなと思います。
サッシャ:実際の放送とおもちゃのつながりも深くなっているんですか?
結騎:大体おもちゃは土曜日に発売されます。土曜日の朝に発売されるものが、次の日(日曜日)の朝の放送で大活躍するというのが、ルーティーンになっています。
サッシャ:ストーリーの展開に合わせて、いろんなおもちゃが出たりしませんか?
結騎:ストーリーで「これが大事」「あれが大事」と言われたものが、おもちゃ屋に行くと並んでいます。お子さんとしては、テレビで見たものがすぐ手に入るという状況がずっと続いていきます。

さらにサッシャは、昔に比べて一作品に出てくるヒーローの数や登場人物が多くなっている気がする、とも。

結騎:10人以上出てくる作品も多くあります。みんながみんな仮面ライダー、っていう作品がほとんどです。その分おもちゃの数を増やす、ということとリンクしていると思います。

結騎さんは以前、『仮面ライダーエグゼイド』の関連商品を全て、1年間買い続けたら幾らになるか調べたそうです。

結騎:仮に一般の店頭で売られているものを全部買ったとすると、17万円ほどでした。最近はインターネットでウェブ受注生産とかもあるので、そういうものも含めると20万円を超えてきます。


■トレンドの売り方

クリスマスも近くなりましたが、特撮ヒーロー系おもちゃの中で、どんなものを選べばお子さんに満足してもらえるのでしょうか?

結騎:最近の特撮ヒーロー系おもちゃの売り方を分かっていると、選びやすいと思います。大きくトレンドとして二つに分けられます。一つがメインとなるおもちゃです。仮面ライダーで言うところのライダーベルト。二つ目が、ベルトに組み合わせていく、収集する小物です。そのため、まず一つ目を持っていないお子さんには、ライダーベルトなどメインとなるものを優先して贈ってあげると喜ぶかなと。


■大人向けも

サッシャ:子どもたちだけでなく、大人とかマニア向けの商品も随分増えているんじゃないですか?
結騎:そうですね。仮面ライダーで言えば2000年に始まった「平成仮面ライダー」というシリーズが今年で20作目になります。戦隊シリーズも、今やっているのが42番目のスーパー戦隊です。当時子どもだった人も、大人になっている時代なんです。そのため、子ども向けだとどうしてもコスト面や安全面で省略されてしまうような箇所を、省略せずにサイズ感や見た目にこだわった、大人向けの値段も少し張る商品が最近よく発売されています。
サッシャ:そしてお母さんはライダー俳優にハマると。
結騎:(笑)。

子どもも大人も楽しめる特撮ヒーロー。家族みんなで観直してみるのも楽しいかもしれませんね!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
Recommended by

News Ranking

Archive