店名が斬新すぎる「福岡のうどん屋」、ネバヤンメンバーが絶賛!

2018年11月30日

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。11月28日(水)のオンエアでは、ドラムの鈴木健人、ベースの巽 啓吾、そしてギターの阿南智史の3人でお届け! この週もリスナーから届いたたくさんのメールに答えました。


■ファン層が幅広い!

ネバヤンは11月22日、福岡のDRUM Logosにてライブを行いました。これに参加したリスナーからメールが到着。そのリスナーは母親への誕生日プレゼントとして、ライブに連れて行ったのだそう。母親は71歳。しかも、昨年70歳のときにも観に来ていて、それが人生初のライブハウス体験だったとか。「こんな高齢のファンもいることを伝えたくてお便りしました」とのこと。これにはメンバーも驚きつつ喜びます。

阿南:71歳の方が来てたんですね。
鈴木:言ってくれれば、なんとかしてイスくらい用意したのに(笑)。
:2回目ってことだ?
阿南:すごいよね。で、また観たいって思ったってことだもんね。
:すごいよね。
鈴木:嬉しいですね。
阿南:嬉しいですね。まさかね、そんな71歳とか、そういう方が来るなんて思わないですからね、僕らも。
:用意していた阿南の母親の席を譲ってあげればよかった(笑)。

阿南のお母さんは2階席の一番前で観ていました。ときおり柵から身を乗り出していたのが気になってしょうがなかった、と鈴木は言います。

鈴木:MCで「今日、阿南のお母さんが来てるから」とか勇磨が言ったり、たっさんが「お母さんがいるから反抗期の息子みたいやな」って言ってたじゃない? ふざけて。そのとき毎回、阿南の話になるたびにお母さんがめちゃくちゃ前に乗り出してきてて。
:身を乗り出してきてて(笑)。
阿南:落ちるんじゃねぇかくらい。
:めちゃくちゃかわいいお母さんだね(笑)。

リスナー、メンバーの母親トークで盛り上がる3人でした。


■うどん屋「天ぷらうどん」

福岡でのライブに参加したリスナーから、「福岡では何か美味しいものは食べましたか?」という質問も。鈴木は阿南に教えてもらったという、うどん屋「天ぷらうどん」を紹介。メニュー名ではなく、これが店名です。

阿南:よく考えたらすごい斬新だよね。名前をつけないってことじゃん、要は。最初「名前は何にする?」ってなるじゃん? 何をやるにしても。
鈴木:うどんだったら「なんとか屋」「なんとか亭」みたいなね。
阿南:これでいこうっていうのがすごいよね。
鈴木:バグってるよね(笑)。

その豪快な店名のセンスに「天ぷらうどんはここだ!っていうことかもしれない」と巽。福岡に訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/
Recommended by

News Ranking

Archive