2017/05/27 ON AIR

tofubeats × Craig David

●リアムのソロデビュー作でアデルのプロデューサー起用が明らかに!
これでギャラガー兄弟のニュースは4週連続!
ただし今回は兄弟喧嘩ではなく、待ちに待たれているリアムのソロデビュー作についての情報。「自分は兄ノエルのように曲作りは出来ない」と素直に兄の才能を認めているのは微笑ましいですね。ちなみに昨日、リアムのソロ・デビュー・シングル“Wall of Glass”が、6月2日にリリースすると発表されました。もう間もなくですね。そしてリアムのホームタウンであるマンチェスターを皮切りに、イギリス国内で4公演のツアーを行うことも併せて発表されました。テロ事件のショックで沈んでいる故郷で、リアムがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか?こちらも楽しみにしたいと思います。

●マンチェスターの悲劇
アリアナ・グランデは今回の自爆テロ事件を受けて、ロンドン公演をはじめ、6月5日のスイス公演までの中止を発表していましたが、きのう自身のFacebookにて「驚くほど勇敢なマンチェスターに戻って慈善公演を行い、被害者やその家族に敬意を表し、寄付を募る」と表明。テロ被害者らを支援するために、マンチェスターに戻りチャリティ公演を行うことを明らかにしました。また8月に幕張メッセで予定されている日本公演に関しては、予定通り開催されることが招聘元のクリエイティブマンより発表されています。
【tofubeats × Craig David】
毎回、J-POPアーティストやクリエイターが登場。おすすめのUKサウンドを紹介。きょうは、tofubeatsさんがキニナルUKサウンド「Craig David」について語っていただきました。UKガラージが大好きだというtofubeatsさんのキニナル曲は、Craig Davidの「When The Bassline Drops」でした。
素敵なUKサウンドを紹介してくれたtofubeatsさんの3rdアルバム『FANTASY CLUB』が今週リリースされました。そして明日、日曜日には発売を記念したインストアイベントがタワーレコード渋谷店 地下1階の「CUT UP STUDIO」で午後6時より行われます。ミニライブもあるので、アルバム購入と併せてお楽しみください。

それでは最後にこの曲にぴったりのドライブ情報!
都会的な洗練されたビートに酔いしれながらドライブするなら、東京タワーを経由して銀座の華やかな夜景を満喫する首都高ミニドライブはいかがでしょうか?
ここ六本木ヒルズからなら、飯倉ランプで首都高・都心環状線の内回りにのり、汐留から通称KK線と呼ばれる「東京高速道路」に入り、西銀座ジャンクションから再び首都高八重洲線を経由して環状線に戻るコース。このKK線=東京高速道路は交通量も少なくとても走りやすいので、快適な夜景ドライブを満喫することができます。東急プラザ銀座の目の前をクルマで走り抜けるのは、「これぞTOKYO!」という気分になり、とっても気持ちいいですよ?。
また首都高・八重洲線は東京駅の真下にある八重洲パーキングと直結しているので、いちどこちらで途中下車して、東京駅周辺のグルメを散策することも可能です。フルマのおすすめは八重洲2丁目にある南インド料理の「ダバインディア」。人気のメニュー「ダバ・ミールス」は南インド式の定食。ラッサム、サンバルという2種のスープに、チキンやダル、マトンなど3種のカレー、バスマティライス、プーリー2種、パパドなどがバナナの葉のうえに盛られています。壁一面ブルーのエキゾチックなインテリアもとてもオシャレなので、週末のデートにも使えそうですが、人気のお店なので事前の予約を忘れずに!

JAGUAR 公式ウェブサイトはこちら

Land Rover 公式ウェブサイトはこちら

NME Japan