2017/12/09 ON AIR

【桐島ノドカ × COLDPLAY】

イギリスの音楽情報誌NMEからの最新ニュースをご紹介。
今週「NME Japan」の古川琢也編集長が選んだのは、このトピックス!

●ポールがビートルズ時代にメンバーに贈った音源が発掘される
 
●グラミー主要部門ノミニーからもれたエド・シーランが語る

残念ながらグラミーの主要部門にはノミネートされなかったエド・シーランですが、先週もこの時間お伝えしたようにBest Pop Solo PerformanceとBest Pop Vocal Albumの2部門ではしっかりノミネートされています。来日公演前の手土産としてぜひとも受賞してほしいですね。

そのほかNMEジャパンではこんな記事が掲載されています。

BGM Lazarus / David Bowie

デヴィッド・ボウイの遺作となったアルバム『★(ブラックスター)』の制作過程をラジオドラマにしてBBCが放送することが明らかになりました。ボウイは自身の69歳の誕生日だった昨年1月8日に通算25作目となる最後のアルバム『★(ブラックスター)』をリリース。そして、その2日後の1月10日、ガンとの闘いの末この世を去りました。久しぶりの新作を手にしたタイミングでの突然の悲報に世界中のロックファンが動揺を隠せなかったのはまだ記憶に新しいですよね。
ラジオドラマのタイトルは「ファイナル・テイク:ザ・ボウイ・イン・ザ・スタジオ」。
イギリス時間で来年1月9日の午前11時30分、BBCワールド・サービスで放送されます。
【桐島ノドカ × COLDPLAY】

桐嶋ノドカさんは、3才からピアノをはじめ、中学生の頃は聖歌隊メンバーとして活動。音大に進学すると本格的に作詞作曲をするようになり、在学中の作ったデモテープがMr.Childrenなどを手がける人気プロデューサー、小林武史さんの耳にとまり、プロデビューのキッカケとなります。
そんな桐島さんが選んだキニナルUKサウンドは、Coldplayの「Charlie Brown」でした。

桐嶋ノドカさんは、主題歌を歌い初主演した映画「爪先の宇宙」が全国順次公開中。
1st Single「言葉にしたくてできない言葉を」のリリースを記念して、年明け1月25日に代官山UNITにて、こゑださんとの2マンライブの開催が決定しています。
【番組おすすめドライブコース】
桐嶋ノドカさんがセレクトしたUKサウンド聞きながらお出かけしたいドライブコースをご紹介。
満天の星空を見に行くなら、神奈川県のヤビツ峠にある菜の花台はいかがでしょうか?週末には多くのカップルが訪れるという人気の夜景スポット。こちらの展望台からは相模湾や江ノ島、そして秦野市、平塚市の街の灯りが一望できます。このあたりには街灯などもないので、上を見上げれば美しい星空を満喫できます。
せっかくなので、ドライブ前に冬の星座の位置を予習しておくと、さらにロマンティック度アップでお楽しみが増しますね。
ただし夜はかなり冷え込むので、暖かいアウターとホットドリンクをお忘れなく。
それから懐中電灯を持参すると展望台を登るときに役立ちます。
ヤビツ峠・菜の花台までのアクセスは東名高速道路「秦野中井インター」から約30分。
ぜひColdplayのスペイシーなサウンドを聞きながらドライヴしてみてください。

JAGUAR 公式ウェブサイトはこちら

Land Rover 公式ウェブサイトはこちら

NME Japan