焼き菓子が人気のヨックモックの「溶けてなくなる」スイーツ

2013年08月30日

J-WAVE午前の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー「7−ELEVEN FAVORITE DISH」。人気サイト「お取り寄せネット」とコラボレートした8/29のオンエアでは、老舗洋菓子店の「ヨックモック」のスペシャルなスイーツをピックアップ。

ヨックモックというと、あの筒型の焼き菓子「シガール」を思い浮かべる人がほとんどなのでは。人を訪ねる際にお持たせとして買っていったり、もらったりすることも多いのではないでしょうか。そんなヨックモックから今回注目したのが、「南青山ロール」。南青山にある本店で誕生した、スペシャルなロールケーキです。

このロールケーキはスポンジの味わいに特にこだわって作った逸品。構想に半年かけたという生地は、しっかりと泡立てたメレンゲとミルクを最大限まで加えているので、しっとりふわふわとした柔らかさが出ているのだそう。水分をたくさん加えると、仕込みや焼き上げた後の扱いが非常に難しくなるそうなのですが、これによってしっとりしていながらも、ふわふわの食感を実現することができたといいます。スポンジというよりはスフレ菓子に近い仕上がりになっているそうです。

ロールケーキを構成するもうひとつの重要な部分、生クリーム選びもなかなか苦労したのだそう。様々な生クリームを取り寄せ、30以上の試作をしたといいます。生地が甘めに仕上がっているので、生クリームは甘さ控えめにすることでとてもバランスのとれた味になっているそうです。

しかし、生クリームに関する詳しい話は、「ちょっとお教えできないんです……」とヨックモックの広報の方。「ミルク感のある乳脂肪分40%の、味わい深いクリームを使用している」ということのみ、教えてくれました。

さて、そんなロールケーキを藤原さんがリポート。見た目は「卵色のスポンジと純白のクリームが美しい」とのことで、長さは15センチくらい。ヨックモックの焼き印が入っていると言います。そしてお味の方は……

「ん〜! すっごくふんわりしてて……軽くて、口の中でふわぁって溶けてなくなる感じです。でも生クリームはすごく濃厚で、ミルク感がすごくあって、上品なお味ですね。これはどんどん食べられちゃいますね!」(藤原さん)

企業秘密のクリームだけあって、かなりの好感触。気になる方は早速、お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/iam/

News Ranking