ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/10/03
GUEST
窪田ミナ
DESTINATION
Washington, D.C. / Vietnam

11歳で巨匠ロストロポービッチに招かれ、アメリカへ演奏旅行!

10代から海外で演奏活動を行い、英国王立音楽院と大学院を卒業後、イギリス国内での音楽活動を経て、現在はドラマ、舞台、アニメ、CMなど様々な分野の音楽を作りつつ、ピアニストとしても活躍されている窪田ミナさん。人生の転機となった初海外の思い出、ピアニストならではの貴重な体験など、とっておきの旅話を伺います!

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

窪田さんの初めての海外旅行は11歳の時。そのきっかけを作ったのは20世紀の巨匠の1人、チェリストで指揮者のムスティスラフ・ロストロポービッチ。彼が音楽監督を務めるナショナル響のコンサートに招かれて、自分の作った曲をケネディ・センターで演奏するという旅でした。子供時代に訪れた初海外の記憶は、今でも強烈に残っているそうですが、当時はまだロストロポービッチの偉大さを知らなかった窪田さん。凄く大きなおじさん! ロシア語と英語が混ざってて、凄く良い匂いがする…香水なのか、大っきくて良い匂いがする優しいおじさん。
音楽に対してはいつも真摯で、真剣でいないといけない、音楽をやるということはそういうことだ、と叩き込まれ、ご自身の基礎になっていると語るロンドン時代。そんなある日、パーティーでピアノを弾いてくれる人を探していた先生に声を掛けられ、訪れたのは、ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズの家。ウィンチェスターの家は、まるでお城のようだったんだそう。
ベトナム料理がお好きな窪田さん。現地の建築にも惹かれ、暫く前に家族旅行で行き、感じた第一印象は、優しい人が多いこと。そして首都ハノイから2時間ぐらいかけて訪れたのは、世界遺産の美しいハロン湾。大きめの船でクルーズを楽しんだ後、現地の女性が漕いでくれる小さい船に乗り換えると、洞窟などを通り抜け、手漕ぎのボートを漕ぎながら歌を歌ってくれるのですが……あまり聞かれたくないのか、小さい声で歌ってる…?? ガイドさんによると、気が向いた時しか歌わないんだそう。でも静かな湾の中で囁くように歌声が聞こえるのは、とても素敵だったとか。
ハノイの中心地で行われている水上人形劇。舞台の中に池の様に水が張られていて、人形たちが水上を動き回るような感じで劇は進みます。演目は、ベトナムに古くから伝わるお話などで、舞台音楽は生演奏!舞台の脇に民族楽器の演奏者がいて、一人で複数の楽器を操る様子も楽しくて、お値段もリーズナブルなんだそうですよ。

PLAYLIST

  • A Thousand Miles / Vanessa Carlton
  • There She Goes / Sixpence None The Richer
  • Wish You Were Here / Pink Floyd
  • Ho Cheo Thuyen Mien Bac / Huong Thanh
  • Ave Maria / 葉加瀬太郎
  • Rain / 窪田ミナ

GUEST

窪田ミナ

福岡県生まれ。4歳から音楽教室で作曲を始め、5歳からピアノを学ぶ。10歳の時、ロストロポービッチ氏のマスタークラスを受けたのをきっかけに同氏に認められ、その頃より世界各地で演奏活動を行う。1983年には米国ワシントンD.C.のケネディーセンターでのコンサートに招かれ、ロストロポービッチ氏指揮のもと米ナショナル響と自作曲を共演。その後も国内外のオーケストラと世界各国で共演。高校卒業後、奨学生として英国王立音楽院の作曲科及び、商業音楽科に入学。ニック・イングマン氏、クリス・ブラウン氏に師事し94年卒業。英国王立音楽院大学院に進み翌年卒業。在学中Lansdown Awardを受賞、Eric Coats Prizeのファイナリストに選ばれる。その後英国内にてポップスからクラシックまで幅広いフィールドのアーティストの作品に参加。2001年より拠点を日本に移し、作曲編曲家、プロデューサーの他ピアニストとしても活躍中。数多くのテレビドラマ、映画、アニメ等の音楽を担当しており、映像音楽の代表作として、テレビドラマ「ゲゲゲの女房」「山女日記」「隠蔽捜査」、映画「その夜の侍」、テレビアニメ「マクロスΔ」「ARIA」シリーズ、アニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」「海辺のエトランゼ」などが挙げられる。自身のオリジナル・アルバムとして『モーメント』(2008)、『Crystal Tales』(2011)、『Rain』(2020)をリリース。12月10日(木)東京オペラシティ リサイタルホールにて、ソロピアノ・コンサート「Rain ー 窪田ミナ Piano Works」を開催予定。 pyxie-llc.com/minakubota/web/

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH