ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/07/25
GUEST
矢巻美穂
DESTINATION
Uzbekistan

シルクロードのオアシス、ウズベキスタン。

旅するカメラマン矢巻美穂さんと、ウズベキスタンへイメージ・トリップ。首都タシケントに、“東方の真珠”、“イスラム世界の宝石”などの異名を持つサマルカンド……。少しずつ日本でも知名度が上がってきつつも、まだまだ知らないウズベキスタンの魅力をたっぷり伺います。

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

かつて東西交易が盛んだったシルクロードで、重要な中継地として栄えたウズベキスタン。美しいイスラム建築の遺跡群はシルクロードの宝石と呼ばれ、国内には4つの世界遺産が。こちらはサマルカンドを代表する遺跡のレギスタン広場。ウズベキスタンに行くほとんどの旅行客のお目当てはこの遺跡。旧市街の中心地に建つメインスポットは、これを見ずして帰れない。広場には3つのマドラサがあり、その大きさとイスラム建築の素晴らしさに驚かされる。(矢巻美穂)
レギスタン広場にあるティラカリマドラサのモスク。通常マドラサの名前は、創建した人物の名前が付けられることが多いが、このマドラサの名前は、「金に覆われている神学校」という意味。マドラサに付属するモスクは思わず息をのむほど美しく、内装は名前通り金に覆われている。通常のモスクを2つ作れるほど量を使っているということから、この名が付けられた。こんなに荘厳で美しいモスクは見た言葉ない。(矢巻美穂)
砂漠のオアシス、中世を感じる場所ブハラ。タシケントから西南西に約450km、ここまで来ると街の様子はガラリと変わる。レンガ色の街並みは、シルクロードの面影を色濃く残している。遺跡とバザール、たくさんのショップが一箇所に集まり、すべてを歩いていちどに見られる、散策にはぴったりの場所。このバザールの形態は500年以上変わっていない。サマルカンドが豪華絢爛なキラキラな遺跡なら、こちらは砂漠の砂色の遺跡。それはそれでまたいい!(矢巻美穂)
ウズベキスタンの国民食プロフ。羊や野菜から出るダシでご飯が美味しくなるということから、大きい鍋で作れば作るほど良いとされる。国でいちばんの店は、タシケントにある中央アジアプロフセンター。地方で暮らすウズベク人も一度は行ってみたいという大人気店。中で泳げるのではないかと思わせる大きなプロフ鍋で、一度に作れるのは500人前。これが昼過ぎには売り切れてしまうというから驚きだ。(矢巻美穂)

PLAYLIST

  • Rashk / Shahzoda with Ulug'bek Rahmatullayev
  • Yol Bolsin / Sevara Nazarkhan
  • ARAB EXPRESS / 葉加瀬太郎
  • Legacy / 葉加瀬太郎
  • Cafe Europa / Deep Forest

GUEST

矢巻美穂

国内外の旅行雑誌を中心に活動するカメラマン。撮影から執筆・編集作業まで行い、多くの旅行雑誌や旅行書籍に携わる。単著として『ソウルラバーズが教えてくれる本当においしいソウル』『台北ナビが教えてくれる本当においしい台湾』『はじめて旅するウズベキスタン』(辰巳出版)、『はじめまして、東台湾。』(スペースシャワーブックス)、『トレッキングとポップな街歩きネパールへ』(イカロス出版)、『とっておき!南台湾旅事情故事』(ジービー)がある。今年2月に『はじめて旅するウラジオストク』を出版。また昨年YouTubeで「旅ちゃんねる MinMin Tour」をオープン。これまで取材に行って、本当に美味しかった店や行ってよかった人気スポットを紹介。 旅ちゃんねるミンミンツアーYouTube / 矢巻美穂FB / 旅ちゃんねるミンミンツアー

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH