ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/07/11
GUEST
石山アンジュ
DESTINATION
Memorable overseas countries

シェアライフの原点は、サンバのコミュニティ!?

シェアリングエコノミーを通じて新しいライフスタイルを世界に広める社会活動家の石山アンジュさん。彼女が求める、豊かな暮らしとは? さらに、考え方のルーツとなったお話や、とっておきの旅の想い出を伺います。

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

お父さんの影響で3才から浅草サンバカーニバルに出ていた石山さん。父親の60才の誕生日に親子で1週間ブラジル旅行に行き、一緒にリオのカーニバルに出場! そこでは、人間がもともと持つ本能的なものと音楽と熱狂が入り交じり、生きることの儚さと、その美しさに感動したんだそう。
大学時代しばらく生活したことがある街、ブリュッセル。ベルギーの人たちは家族を一番大事にしていて、シンプルな生活を好み、また、アート等への理解や好きな気持ちには、日本と全然違う価値観を感じたんだそうです。あと、ベルギーの食といえば、フレンチフライ、ワッフル、ビールとムール貝!
世界幸福度ランキング1位の国、フィジー。世界で最もシェアの文化が根付く国だと聞き、訪れた先で出会ったのは「ケレケレ=あなたのものはわたしのもの」という文化でした。所有という概念がなく、隣の家に干しているTシャツを勝手に着て出掛けてしまったり、小銭が足りていない人がいれば、さらっと後ろの人が足りない分を払う…それくらい寛容な人達。「信頼とは何か?」と考えていた石山さんが、フィジーで聞いた言葉「自分自身を信じていれば、信頼するという概念すら存在しない」は、今も人生の宝物なんだそうです。

PLAYLIST

  • The Mother We Share / CHVRCHES
  • We Are Family / Karter Zaher
  • So We Won't Forget / Khruangbin
  • So Nice (Summer Samba) / Marcos Valle
  • 自由の大地(The Free Land) / 葉加瀬太郎
  • Romantic / Hooverphonic

GUEST

石山アンジュ

社会活動家。1989年生まれ。「シェア(共有)」の概念に親しみながら育つ。2012年国際基督教大学(ICU)卒。シェアリングエコノミーを通じた新しいライフスタイルを提案する活動を行うほか、政府と民間のパイプ役として規制緩和や政策推進にも従事。2018年ミレニアル世代のシンクタンクPublicMeetsInnovationを設立。著書「シェアライフ-新しい社会の新しい生き方(クロスメディア・パブリッシング)」がある。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH