ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/06/27
GUEST
仲本千津
DESTINATION
Uganda

ウガンダは、赤道直下の軽井沢!?

カラフルなアフリカ布を使用したハンドメイドのバッグやトラベルグッズを扱うブランド「RICCI EVERYDAY」代表の仲本千津さんに、「ウガンダってどんなところ?」そして、現地で起業するまでのストーリーなど、ウガンダの知られざる魅力をたっぷり伺います。

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

仲本さんがウガンダを初めて訪れたのは、2014年のこと。実際に行ってみると、その意外な過ごしやすさに驚いたそうです。緑も多く、雨もよく降るため野菜も沢山育ち、人も優しくて治安も悪くない。赤道直下でありながら標高が高いので、一年中、初夏の軽井沢のような涼しい気候は、アフリカのステレオタイプのイメージとは真逆のものでした。
ローカルマーケットで仲本さんの目に飛び込んできたのは、原色の、なんの柄かも分からない沢山の布たち。それが床から天井まで山積みになり、壁一面を埋め尽くしている風景でした。日本で見かけない柄に心を奪われつつ、どうして日本にはアフリカンプリントが入って来てないんだろう?と思ったのが、今のビジネスのきっかけになったんだそうです。
ハネムーンの旅先に選んだのは、イスラエル。テルアビブ、エルサレム、死海……色々と複雑な事情があるはずの土地も、実際に行ってみると、ニュースで見ていた感じ方とは全然違う印象を受けられたそうです。中でも楽しかったのはビーチで過ごす時間。帰りたくないぐらい最高だったそうですよ。

PLAYLIST

  • Move On Up / Angelique Kidjo & John Legend
  • Marry You / Diamond Platnumz feat. Ne-Yo
  • 情熱大陸 / 葉加瀬太郎 with 小松亮太
  • Ob-La-Di,Ob-La-Da / Youssou N'Dour
  • Tunisian Sunset / 葉加瀬太郎
  • Rainbow / G. Love & Jack Johnson

GUEST

仲本千津

RICCI EVERYDAY代表。1984年、静岡県生まれ。一橋大学大学院卒業後、邦銀で法人営業を経験。その後国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在。その時に出会った女性たちと日本に暮らす母と共に、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する「RICCI EVERYDAY」を創業。2015年に日本法人、2016年に現地法人を設立。2019年には日本初の直営店舗を代官山にオープン。 2016年11月第一回日本アフリカ起業支援イニシアチブ最優秀賞、2017年9月第五回グローバル大賞国際アントレプレナー賞最優秀賞、同年11月日本イノベーター大賞2017特別賞、第六回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション事業奨励賞受賞。また2018年1月にCHIVAS VENTURE 2018日本代表に選出。頭の中を巡るテーマは、「紛争を経験した地域が、過去を乗り越え、幸せを生み出し続ける場になるには、どうすればいいか」ということ。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH