ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/05/23
GUEST
首藤康之
DESTINATION
Theaters around the world

大分の劇場からNY、そしてパリ・オペラ座へ…。

幼い頃観た舞台の世界に魅了され、10代のはじめには単身渡米! 現地のプロに混じりレッスンを受けるなど、情熱のままにバレエの道を歩んでこられた首藤康之さんに、バレエを巡る旅のお話を伺います。

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

10代の頭に単身訪れたNY。劇場の隣に劇場があって、またその隣には劇場…そんな夢見ていた光景が目の前に広がっていた。オープンクラスのバレエクラスでは、前日ミュージカルに出ていたプロや、かなり年配のダンサーとも一緒にレッスンを受けた。言葉を介さずとも様々な人とコミュニケーションをとれると知った体験はとても大きかった。
20歳の時のボリショイ劇場での思い出。コール・ド・バレエながらも主役だった首藤さん。ゲネプロでとても上手く踊れ、プロデューサーにシャリアピンの使った個室を当てられるも、2幕最後で転倒。楽屋に戻ると、部屋付きのおばあさんがこんな言葉をかけてくれた。「マイヤ・プリセツカヤもデビューの時この楽屋を使って、黒鳥の出番で転んだのよ。でも彼女は偉大なバレリーナになったでしょ」
国内外の数々の舞台に立ってきた中でも、最も感動したのはパリ・オペラ座のガルニエ宮。モーリス・ベジャール氏と出会った93年だったということもあり、一層思い出深いそう。客席から見上げた天井にはシャガール。圧倒的な歴史の重みを感じた劇場。

PLAYLIST

  • Bohemian Ballet / Deep Forest
  • Dreamer / Axwell Λ Ingrosso
  • Broadway Melody Ballet / Gene Kelly, The MGM Studio Orchestra and Chorus
  • Bach, J.S.:Violin Partita No. 1 in B Minor, BWV 1002: VIII. Double / Itzhak Perlman
  • 白鳥の湖 / KRYZLER & KOMPANY
  • Open / Rhye

GUEST

首藤康之

バレエダンサー。15歳で東京バレエ団に入団。「眠れる森の美女」の王子役で主役デビュー。その後「ラ・シルフィード」「白鳥の湖」「ジゼル」などの古典作品をはじめ、モーリス・ベジャール振付「M」「ボレロ」他、ジョン・ノイマイヤー、イリ・キリアン等の世界的現代振付家の作品に数多く主演。また、マシュー・ボーン演出・振付「SWAN LAKE」にスワン/王子役の両役で主演、高く評価される。2004年同バレエ団を退団後も、ダンス「アポクリフ」(シディ・ラルビ・シェルカウイ振付/ベルギー王立モネ劇場世界初演)、「鶴」(ウィル.タケット演出・振付)、「Shakespeare THE SONNETS」他(中村恩恵振付)、ストレートプレイ「音のいない世界で」(長塚圭史演出)、「空白に落ちた男」、「ジキル&ハイド」(ソロ)、「シレンシオ」(小野寺修二演出)、「兵士の物語」(串田和美演出)、「出口なし」(白井晃演出)、KAAT神奈川芸術劇場にて自らプロデュースによるシリーズ『DEDICATED』などに出演。また、ピナ・バウシュが芸術監督のNRW国際ダンスフェスティバルなどの海外公演にも多数出演。映画「トーリ」(浅野忠信監督)、「今日と明日の間で」(小林潤子監督)、日曜劇場『99.9-刑事専門弁護』に出演するなど国内外問わず表現の場を拡げている。10年第42回舞踊批評家協会賞を受賞。12年第62回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH