ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2020/05/16
GUEST
大島幹雄
DESTINATION
Moscow

文学を志す学生がひょんなことから飛び込んだのは、旅から旅へのサーカス団!?

ノンフィクション作家でサーカス学会会長の大島幹雄さんと思い出を巡る旅。学生時代の出会いから、サーカスに人生を捧げることになった大島さんのライフストーリー、そしてロシア・モスクワの旅の思い出を伺います。

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

モスクワには常設のサーカス劇場が2つある。1つはニクーリン・サーカス。古い伝統を持ち、どちらかというとオーソドックスなタイプのサーカスを魅せる。もう1つはモスクワ大学の近くにあるボリショイサーカスで、こちらは3000人のキャパシティを持ち、水中・氷上ショーなど斬新な演出にも対応できるようになっており、最先端のサーカスが味わえる。
最近はワインやビールを飲む人も増えたとはいえ、ロシアのお酒と言えばやっぱりウォッカ。大島さんも大好きなんだそうで、現地で飲むのが格別とのこと。そして、ウォッカのアテには「キノコの酢漬け」が何より一番合うんだとか。

PLAYLIST

  • Circus / Britney Spears
  • Off The Wall / Michael Jackson
  • Being for the benefit of Mr.Kite / The Beatles
  • パガニーニの主題による狂詩曲 / 葉加瀬太郎
  • 剣と女王 / 葉加瀬太郎
  • This Is Me / Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble

GUEST

大島幹雄

1953年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部露文科卒。40年ちかくサーカス・プロモーターとして、海外からサーカスや道化師を招聘し、日本全国での興行をプロデュースしてきた。2019年6月に発足したサーカス学会会長、石巻学プロジェクト代表、石巻若宮丸漂流民の会事務局長、早稲田大学非常勤講師も務める。主著に『海を渡ったサーカス芸人 コスモポリタン沢田豊の生涯』『虚業成れり 「呼び屋」神彰の生涯』『満洲浪漫長谷川濬が見た夢』『〈サーカス学〉誕生 曲芸・クラウン・動物芸の文化誌』などがある。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2020.12.05
GUEST
原正人
DESTINATION
Paris
1974年静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を精力的に紹介する翻訳家。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)、ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(サウザンブックス社)などバンド・デシネの翻訳多数。小説の翻訳にアンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』、『それからの彼女』(いずれもDU BOOKS)、グカ・ハン『砂漠が街に入りこんだ日』(リトルモア)がある。

SEARCH