ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2022/05/21
GUEST
辻愛沙子
DESTINATION
Lugano, New York

中学2年で単身渡ったヨーロッパ。

クリエイティブディレクターとして活躍する辻愛沙子さんは、自身が小学生の時に、多様な文化、多言語に触れてみたいと自ら留学を決意。その後ヨーロッパで過ごした中学時代、スイスでの寮生活、高校時代を過ごしたNYなど、10代から過ごした海外は、辻さんの目にどう映ったのでしょうか? さらに、帰国後に起業した辻さんが目指す選択肢の多い社会とは?

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

幼稚園からの一貫校に通う中で、知らない文化や環境に飛び込んでみたいと留学を決意。乗馬やスキーの絵が載った資料にも惹かれスイスの学校に決め、先ずは英語習得のためイギリスの語学学校へ。そこでは多人種、多言語、多文化、多宗教、家庭環境も年齢も様々。多様性という言葉を使うまでもなく全員が違い、大切なことは「正しい英語」を使うということより「相手とコミュニケーションをとる、違いを理解するということ」だと体感できたのが大きかったそう。
留学先は、スイス南部の街ルガーノ。自然豊かで美しいところで、イタリアとの境にあるルガーノ湖も思い出の場所。それまで日本で三つ編みのおさげにセーラー服、ランドセルを背負っていたのに、いきなり入学式のウェルカムイベントで「ボートダンス」というイベントが!学校主催で大きな船を借り、音楽流して船上でダンスパーティーをするというもので、ヒールを履きドレスを着てダンスという初めて尽くしに緊張しつつも、とても楽しかったそう。
ご飯はなんでも美味しかった!というルガーノでのお気に入りは、サンドイッチ屋さんで売っていたピアディーナ。クレープとタコスの中間のような、ピタパンを薄くしたものにトマト・バジル・モッツァレラチーズ・生ハムを入れ、畳んでプレスして焼いたもの。庶民派トラットリア「タンゴ」では、ポルチーニが何かも知らずリゾットを注文。あまりの美味しさに感動してからというもの、リゾットはポルチーニ一筋だそう。
NYの高校生活で得たのは「よくも悪くも、どこの街に行っても変わらないのかも」という感覚。ヨーロッパで、母語や食べ物や宗教がどれだけ違っても「膝つき合わせて喋ったら皆同じなんだな、だけど皆違うんだな、でもそれでいい」と思えたこと、NYで「(都会で)皆が求めるものや便利さは変わらないかも」と気付いたことで、『ここじゃないどこか』を求める感覚は消えたそう。資本よりも文化への憧れやクリエイティブを目指すきっかけを得た一方で、あらゆることが過剰なマンハッタンの刺激は、やりたいことを押さえなくていいという感覚も持てる体験になったのだとか。

PLAYLIST

  • On Top Of The World / Imagine Dragons
  • Fever Dream / mxmtoon
  • We've Got To Try / The Chemical Brothers
  • Wind Children / 葉加瀬太郎
  • Summer In New York / Sofi Tukker

GUEST

辻愛沙子

株式会社arca CEO / Creative Director 社会派クリエイティブを掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の二つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がける。2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。2019年秋より報道番組 news zero にて水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2022.05.28
GUEST
昆布智成
DESTINATION
Aix-en-Provence
フランスで研鑽を積んだシェフ。東京製菓専門学校卒業後、「オーボン・ヴュータン」にてフランス菓子の基礎を習得する。パリで2つ星レストラン「ラトリエ ・ド・ジョエル・ロブション」でデセールを担当し、2015年より「アン グラン 」スーシェフ パティシエとして活躍。福井県の実家は、200年以上の歴史を誇る老舗和菓子店を営み、日本人の精細な技と味覚で新たな食材の組み合わせをミニャルディーズで表現。製菓だけでなく、コーヒー、ファッション、音楽にも精通しており、多彩な能力と幅広い人脈を活かして有名レストランやアパレルメーカーからも注目を集めている。近年では、業界の垣根を越えたコラボレーションを多数実施。

SEARCH