ANA WORLD AIR CURRENT

世界の各地で体験した思い出を語り合う60分。
EVERY SATURDAY 19:00-19:54 on J-WAVE

NAVIGATOR : 葉加瀬太郎
ON AIR
2021/12/04
GUEST
山田五郎
DESTINATION
Salzburg

山田五郎さんのルーツを探る旅。

美術評論や街情報など、さまざまなことに精通する評論家、山田五郎さん。学生時代のオーストリア・ザルツブルクへの留学体験や、ヨーロッパ中の美術館を巡ったエピソードなど、今の山田さんの活動につながる旅の想い出を伺います。さらに、最新刊「機械式時計大全」のお話も!

今週のPODCASTを聴く

MEMORIES

アムステルダム国立美術館(ライクスムゼーウム)で、版画や素描の部屋で作品検索をしたときのこと。レンブラントの素描が見たくて検索すると、何も守られず裸の状態でトレイにのって出て来たことにびっくり! 水性のインクで描かれているのに、もしもくしゃみしたら大変なのではと学芸員に問うと「じゃあ、くしゃみしないでくれ。私達は市民の財産を預かってるんだから、市民が見せてくれと言ったら出して当たり前だ」と言われ、意識の違いに衝撃を受けたんだそう。
当時のロンドン・ナショナル・ギャラリーの地下には、ナショナル・ギャラリーが今まで掴まされた贋作のコーナーがあり、何年何月に幾らで購入し、その後こういう理由で工房作と分かったなど、詳しい説明が書かれていた。これは中途半端に真作を見るより勉強になると、毎日通っていた山田さんに、学芸員が「何がそんなに面白いんだ? なるほど美術史やってるのか、もっとあるぞ」と色々出して見せて説明してくれた。贋作だと分かると隠してしまう日本との気質の違いを感じたそう。
「大英博物館は世界の泥棒倉庫だ」と言うと、イギリス人は「だってギリシャ人やイタリア人に任せてたら全部駄目にしちゃうから、俺達が保管してるんだ」と返す学芸員ジョークに、確かに一理あるなと思った学生時代の山田さん。実際ドイツ、オランダ、イギリスの美術館・博物館はとても良かったそうで、特にイギリスは自国に古典の美術が無かった分、保存や研究が進んでいた。一方イタリアはというと野放し状態で、とても驚いたのだとか。
ローマでは人生の中で大きな気付きとなった、とある出来事が。ある夜、サッカーか何かで大盛り上がりのローマの街角で、酔っ払いがベルニーニの彫刻に立小便をしていたのを見かけた山田さん。これはさすがにいかんと「そういうことしてるからイギリス人に『イタリア人には美術任せられない』と言われるんだ」と言うと、「イギリス人は自分達で作れないからそんなこと言うんだ。壊れたらまた作ればいいじゃないか」と返された言葉に、人の暮らしとして一体どちらが豊かなんだろう、後生大事に保管するよりイタリアの方が豊かなのでは…と考えてしまったそう。

PLAYLIST

  • My Favorite Things / Pentatonix
  • トルコ行進曲 / KRYZLER & KOMPANY
  • Trans Europe Express / Kraftwerk
  • 博士ちゃん / 葉加瀬太郎
  • 歌劇「アイーダ」?凱旋の合唱 / カラヤン指揮、ウィーン楽友協会合唱団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

GUEST

山田五郎

編集者・評論家。1958年東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し、西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、西洋美術、街づくりなど、幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。

MESSAGE

ANAラウンジに使われている香りがご自宅でお楽しみいただける「ANAオリジナル アロマオイル 10mL」と「アロマストーンディフューザー」をセットにして、毎週3名さまにプレゼント!ご応募はコチラから!〈プレゼント希望〉と明記してご応募ください!
プレゼントの応募・感想はこちら

NEXT FLIGHT

ON AIR
2021.12.11
GUEST
Codama
DESTINATION
Germany, Denmark, and Belgium
1982年愛知県出身。前職の医療法人で105名規模の保育園建設事業のプロジェクトの責任者になったことをきっかけにこどもの教育に向き合う中で砂場に出会い、砂場の魅力を知る。2019年、ZOZOタウン創業者、前澤氏の#月に行くならお年玉企画で100万円当選。「僕も久しぶりに砂場で遊びたいなー」と前澤氏、本人からメッセージをもらい話題となる。その年、研究だけではなく砂場についての情報を発信していくことを決意し、【砂場とあそびの研究所】を設立。「土にふれる楽しさをもっと知ってほしい」という想いから、全国の保育園・幼稚園・町内会・イベントで、砂場あそびやピカピカどろだんごづくりのワークショップ・園庭づくりのアドバイスなどをおこなっている。また、ヨーロッパを中心に世界各国の砂場や教育施設をまわり、日本の教育の現状との差を発信。SDGsに配慮した「川砂」を再利用した砂場づくりを推奨している。

SEARCH