人間は成長する葦である

「考える葦」は人と出会い、学び、
発見することで「行動する葦」へと成長していく。

岡田准一がある1つのテーマの専門家をお呼びして徹底的に質問。
番組の終わりには、考える葦として、リスナーの皆さんと一緒に成長していきます。

BACKNUMBER

LATEST GROWING

2024/07/14

何故、にっぽんの里山を中心に撮影しているんですか?

今森光彦(写真家)

1954年、滋賀県大津市生まれ。
独学で写真を学び、80年からフリーランスの写真家として活躍。
以後、琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、
自然と人との関わりを「里山」という概念で追う一方で、
世界各国を訪ね、熱帯雨林から砂漠まで広く取材。
近年は環境農家、ガーデナー、里山環境プロデューサーとしても活動。

6月20日(木)から9月29日(日)にかけて
東京都写真美術館にて
今森さんが撮り続けた日本の里山を紹介する写真展
「今森光彦 にっぽんの里山」を開催。
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4814.html

PLAYLIST

M1. UPSIDE DOWN / JACK JOHNSON

M2. 旅について / CARAVAN

M3. Dreambend / Kessoncoda

M4. DROP / Cornelius

M5. I'M GETTING READY / MICHAEL KIWANUKA

M6. A Garden Of Peace / Lonni Liston Smith

J-WAVE TOPページへ