TOPPAN FUTURISM

ON AIR DATE
2018.11.18

ゲストは、株式会社ポケモン 石原恒和社長!

「ポケモンが社会を元気にする! 」
ポケモン とのコラボで話題の 藤原ヒロシさんからのメッセージも!


FUTURISM813 (@futurism813) インスタグラムは こちら

SONG LIST

  • I Won't Let You Down
    OK GO
  • LAIKA
    藤原ヒロシ
  • Freelance
    Toro Y Moi
  • Idea of Happiness
    Van She
株式会社ポケモン 代表取締役社長の
石原恒和さんにうかがった話を通じて見つけた、未来を創る鍵。

それは、
<現実世界と仮想世界は、等価な世界に統合される>

「ポケットモンスター」の誕生からプロデューサーとして携わってきた石原さん。
1996年にゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」が発売されて以降、
ポケモンは世代を超えてユーザーを魅了し続けています。

最近は、「ポケモンGO」が社会現象となり、キャラクターとゲーム、
そこにAR技術が掛け算することで、新たな世界観を生み出しました。

J-WAVE「JUN THE CULTURE」のナビゲーターでもある藤原ヒロシさん率いる
fragment designとポケモンのコラボプロジェクト“THUNDERBOLT PROJECT”。
ポケモンのピカチュウとfragmentのイナズマロゴがミックスし、
ファッションの世界でも活躍するポケモン。

ゲームもポケモンGOもファッションも、仮想と現実がつながった現象だと言えます。

仮想世界と現実世界がもっとシンクロすることで、どんな社会になるのでしょうか?
そしてその時、ポケモンはどんな役割を担うのでしょうか?

「現実世界と仮想世界は、等価な世界に統合されるイメージを持っています。
 ポケモンが今よりもっとリアルになって、捕獲、交換、育成、バトルを通して、
 仮想と現実を行ったり来たりすると、しまいにはどっちでもよくなって、
 仮想と現実の等価な統合が起きていくのではないかと。
 ポケモンは、それを加速させていくプラットフォームになりたい」。
石原さんが見据える未来では、ポケモンが仮想と現実をつないでいます。

仮想と現実が融合すると、「ただいまの世界は仮想成分85%」という
天気予報みたいな情報が一般的になるのかもしれません。

小川 和也
TOPPAN