TOPPAN FUTURISM

ON AIR DATE
2018.09.16

ゲストは、ルマン24時間レースを制した、中嶋一貴選手。

ルマン24時間レースを制した、中嶋一貴選手をお迎えして、
「進化を続けるモータースポーツ。その先にあるモノとは?」というテーマで
お話伺いました。



中嶋一貴オフィシャルブログ Powered by Ameba

FUTURISM813 (@futurism813) インスタグラムは こちら

SONG LIST

  • Paradise
    Wild Nothing
  • Forgotten Love
    AURORA
  • The Trouble with Us
    Marcus Marr & Chet Faker
  • Let's Go Out Tonight
    Craig Armstrong
レーシングドライバーの中嶋一貴さんにうかがった話を通じて見つけた、未来を創る鍵。
それは、
<人間力>

世界三大レースといわれる、ル・マン24時間耐久レース。
中嶋さんは、今年の6月、日本車・日本人ドライバーの組合せで初制覇。

2016年には23時間57分30秒までトップを快走。
ところがゴール直前、中嶋選手の「ノーパワー」という無念の無線。

それからの2年間、改善に次ぐ改善を重ね、今回の悲願達成。

自動車を進化させるカーレース。
ハイブリッドシステムをはじめ、レースの技術を市販車に活かす試みが行われており、
ル・マンを走る車も将来市販車に。

「海外ではドライバーが乗らないレースの実現はもうすぐそこまで来ています。
 ただ、人間のようにレースにまつわるすべての情報を操るすることは難しいのが現状です。
 それだけ、人間の能力というものはすごいと思います。
 レース中は、温度、路面の状況、天候、タイヤの減り、車の状態など、
 たくさんの情報を処理していてとても複雑です。まだ人間の方がうまく操れる。
 これまでの10年の進化を振り返ると、あと10年くらい経つとどうなるかわからないですが」。
人間と技術も、まさにデッドヒート。

未来のカーレースに求められることは何なのか。

「技術の勝負と人間同士の勝負に分かれていくでしょう。
 技術が加速的に進歩しても、やはり人間力。技術を磨いているのも人間、
 楽しんでもらうために切磋琢磨する選手、チームスタッフ。
 たくさんの関係者が力を合わせて結果が出ますから」。

そこにあるのは、本気でレースに向き合う人間ドラマ。
人間力の結晶の場。
ドライバーの感性を人工知能に置き換えることも、相当に難しい。

技術と人間力の掛け算が、自動車の未来を面白くする。
未来のカーレスこそ、人間力を楽しむものになるでしょう。

小川 和也
TOPPAN