TOPPAN FUTURISM

ON AIR DATE
2018.05.04

ゲストは、カーライフエッセイストで
自動車評論家の吉田由美さん。

『自動運転で、渋滞のストレスは無くなる?!』

カーライフエッセイストで自動車評論家の吉田由美さんをお迎えして、
注目される、車の自動運転システムについて伺いました。

吉田由美 (@yoshidayumi) | Twitter

FUTURISM813 (@futurism813) インスタグラムは こちら

SONG LIST

  • Fight or Flight or Dance All Night
    Kommode
  • Pretty Thoughts (FKJ Remix)
    Alina Baraz & Galimatias
  • Lisztomania (Classics Version)
    Phoenix
  • Betray My Heart
    D’Angelo and The Vanguard
自動車評論家の吉田由美さんとの話を通じて見つけた、未来を創る鍵。
それは、
<体調管理>

世界中で開発が進む自動運転車。
一口に自動運転と言っても、アメリカの自動車技術者協会(SAE)によってそのレベルは0から5段階で定義されています。
レベル2までは、事故が起きた時にドライバーが責任をとる運転支援。
レベル3は、条件付き自動運転で危ない時には人間がカバー。
レベル4は、高度運転自動化によりほぼ自動ではあるものの、監視役としてドライバーが必要。
レベル5になるとようやく完全自動運転。
完全なる自動運転車が普及するまでにどれくらいの時間を要するかについては様々な予測がありますが、2040年代が普及期だという見解が目立ちます。

自動運転車が交通の流れを改善し渋滞を減らしたり、ドライバー不足が悩みの物流業界の救世主に。
さらには、高齢者の方や過疎地の移動手段としても期待されています。

一方、将来的には人間が運転をすることが法律で禁止される!?という説もあり、運転は特定のコースやルールのもとでしかできない趣味の領域になってしまうかもしれません。

自動車の進化について語り合った末に、吉田さんは「体調管理」を未来への鍵としました。
「カーライフを長く楽しむために健康であること、すなわち体調管理が一番大切です」。
意外にも、吉田さんからの鍵は自動車に関してではなく自分自身の身体に向けてのもの。
人間が運転するにしても自動運転にしても、自動車が彩るライフスタイルをどのように楽しめるかが重要ですから、吉田さんの鍵も納得です。

小川 和也
TOPPAN