• CITIZEN

人間は成長する葦である

「考える葦」は人と出会い、学び、
発見することで「行動する葦」へと成長していく。

岡田准一がある1つのテーマの専門家をお呼びして徹底的に質問。
番組の終わりには、考える葦として、リスナーの皆さんと一緒に成長していきます。
2005年・春にスタートし、現在500人を超える知の巨人をお迎えしています。

BACKNUMBER

LATEST GROWING

2017/04/23

お店は生き物とはどういう意味ですか?


1972年東京生まれ 「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店 「とり将」を継ぐ。 店の30周年を機にいったん店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店 「賛否両論」を開店。 独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、 たちまち予約の取れない人気店となる。 2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、 2014年、広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。 和食給食応援団東日本代表を務めるなど、食育、和食推進活動にも力を注いでいる。 基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。 私生活では、ビールをこよなく愛する三児の父。

PLAYLIST

J-WAVE TOPページへ