TOPPAN FUTURISM

ON AIR DATE
2018.06.24

ゲストは、チームラボ代表の猪子寿之さん。

チームラボ代表の猪子寿之さんをお迎えし、
『デジタルアートがコミュニケーションをする』をテーマに
デジタルアートの今と今後について、お話伺います。


チームラボ / teamLab

FUTURISM813 (@futurism813) インスタグラムは こちら

SONG LIST

6/24の放送は、チームラボ代表の猪子寿之さんと探る未来。
  テーマは「デジタルアートがコミュニケーションをする」

チームラボが手掛ける「デジタルアート展」は
世界各地で開催され、注目を集めています。

「学ぶ!未来の遊園地」は
「子供たちにクリエイティブになってもらいたい」
という教育的側面もあり、世界中で累計500万人以上を動員。

6月21日、世界に類を見ない新しいミュージアム
「DIGITAL ART MUSEUM」がお台場にオープン。

「Borderless」をコンセプトに、施設面積1万平方メートルを5つの空間で構成。
作品の中に入り込むような感じを得られる体験型のアートミュージアム。

アート作品が自ら移動し部屋から出て、他の部屋の作品とコミュニケーション。
作品が混ざり合い、境界が曖昧なアート群によるひとつの世界。

「人間の身体と世界の間にある境界線をなくしたいんです。
 本来は世界に境界はなく、人間が人為的につくっている。
 都市にいると境界だらけで、当たり前のように生きている。
 境界があるものだという思い込みを考え直し、体験を通して解き放たれる。
 没入感があって、いままでにない新しい体験です。
 映像でできた森の中を自分の身体で探索するかのよう。
 とにかく、気持ち良くて楽しい」。

「DIGITAL ART MUSEUM」を通じて猪子さんが実現したかった境界線なき世界。

デジタルアートとこれまでのアートとの違いはどこにあるのでしょうか。
そして、猪子さんが最後に導きだす解とは?

小川 和也
TOPPAN