PR

TRUME OWNER's VOICE

腕時計 TRUME を使用しているオーナーに、
実際の使い心地を聞きました。

vol.09 おもちゃクリエーター 高橋 晋平 Shimpei Takahashi

NEWS

2019.03.16
竹内順平さんのインタビューを掲載
2019.02.15
平山祐介さんのインタビューを掲載
2019.01.19
マグ万平さんのインタビューを掲載
シェア

お手元のTRUME L Collection、どんな点に魅力を感じていますか。

まずはプロダクトデザインの視点から、デザインに魅力を感じています。甲冑をイメージされているそうですが、子供心を呼び覚まされます。そして、リューズにまで気を配っているカラーリングやビスの打ち方、針の美しさなどにも、見れば見るほど引き込まれます。この小さな中に、ここまでの多機能が詰め込まれているなんて、精密機械ですよね。ロマンを感じます。
そして、実際に着用して外出すると“絶対的な信頼と安心感”のある時計だと感じました。
というのも、TRUMEにはGPS受信システム「SATELLITELINK」が搭載されているので、正確な時間を示してくれるという点。時計なのだから当たり前のことに思えますが、自分で合わせるタイプの時計だと難しいことだったりします。そして、光充電なので止まる心配もめんどうな電池交換の必要もなく、常にその正確な時間を示してくれ続けてくれる。これは大きな魅力です。

TRUMEをどのようなシーンで着用されていますか。

誤解を恐れずに言うと、カッコつけたい時、です。とにかく高級感を感じるデザインなのでジャケットとの相性が抜群に良くって。あと、袖からTRUMEが見えることによって生まれる説得力が、自信を持たせてくれます。なので、初対面の人と会う時や決めたいプレゼンやミーティングの時には必ず着用しています。プライベートシーンでは、ちょっと特別な外出の時に妻からTRUMEを着けてほしいとリクエストが入ります。僕にとっては必須アイテムというより、勝負アイテムですね。

今後、TRUMEの使ってみたい機能は。

手元に届いてから、まず最初にTRUMEのウェブサイトで使用マニュアルの動画を確認したのですが、改めてその機能の多さに圧倒されつつ、まず触ってみないことには機能の使い方も憶えられないので、方角を調べる機能で遊んでみました。なので、今後ヨーロッパに旅行に行って、TRUMEを腕に街歩きをしたいです。あとは、針が現地時間に変わる瞬間を見てみたいですね。どのタイミングでグルっと時間が変わるのか。アナログ時計にしか味わえない瞬間を楽しみたいです。

高橋 晋平

高橋 晋平株式会社ウサギ 代表取締役 / おもちゃクリエーター

秋田県出身。株式会社バンダイに2004年に入社し、累計335万個を販売した「∞プチプチ」など、大ヒット商品の開発に携わる。2014年より現職。様々なジャンルの商品・サービスを開発。最近では、スマホ鳩時計「OQTA」職業診断ゲーム「わくわくワーク」など。 著書には『一生仕事で困らない 企画のメモ技』(あさ出版)など。
スマホ鳩時計「OQTA」
職業診断ゲーム「わくわくワーク」
企画のメモ技