SOCIAL EVENT & MOVIE TIPS

「WONDER VISION」オススメのソーシャルイベント&ムービーセレクション!

2017.9.17 on air
『パンのフェス2017 秋 in 横浜赤レンガ』 

今朝ご紹介したのは、
9月16日(土)から9月18日(月)までの3日間、
横浜赤レンガ倉庫前 イベント広場で開催される
『パンのフェス2017 秋 in 横浜赤レンガ』です。

今回で3回目となるこちらのイベント。
80を超えるパン屋さんが参加しているのですが、
「横浜」が会場ということもあり、
地元の横浜・神奈川のパン屋さんが40軒参加しています。
~横浜は、パン文化の発祥の地とも言われていて、
「地元の人と一緒になって作るパンのイベントに
していきたい!」
という思いで企画されたそうです。

もちろん、横浜・神奈川以外にも、
北海道から沖縄まで、たくさんのパン屋さんが集結!

会場でしか手に入らない、限定パンや、限定セットも
それぞれのお店で販売されます。

その他、イベントエリアでは、
パンに関連するキッチン雑貨や、パンのレシピ本の販売、
また、キッチンカーもすべて“パンメニューしばり”で、
このイベントのための、オリジナルメニューを
いただけます。

そんな『パンのフェス2017 秋』を主催する 
<ぴあ株式会社>のエグゼクティブ・プロデューサー、
【幅野 裕貴】さんに 
最近のパン事情について、うかがいました。

『昨年から食パンが非常に流行っているということで、
食パン専門店を今回誘致しています。
で、その食パン専門店っていうのが、
名古屋から来ていただいた「よいことパン」さんだったり、
加古川から来ていただいた「食パン本舗」さんだったり、
それからあと、前回から出店していただいている
「ルセット」さんというような、鎌倉のルセットさんは、
本当に食パンも種類が沢山ありまして、
その中でも、<星の井食パン>という、
もう、とろけちゃうような、
そのまま食べても口の中でとろけちゃう、
ちょっと焼いてトーストして食べたら、
もっともっととろけちゃうというような、
もうまさしく“飲む食パン”みたいなそういったものも
ございますので、ぜひ。
ただ、人気商品ですので、早くなくなっちゃう
可能性もございますので、
お早めにといったところでしょうか。

パンはやっぱり皆さん好みがあると思うんですね。
なので、色々今まで食べたことのない、
新しいパンとの出会いを求めて、色んなパン屋さんを
試していただければという風に思います。』

お気に入りのパンを見つけに、
出かけてみてはいかがでしょうか?

『パンのフェス2017 秋 in 横浜赤レンガ』 は、
9月18日(月)まで、
横浜赤レンガ倉庫前 イベント広場で開催。
入場は無料です。

ただし、天候の急変などで安全が確保できない場合は
開催を中止することもあるそうです。
詳しくは、公式サイトをご確認ください。

最高のパンと出会う!パンのフェス

『50年後のボクたちは』

世界中でベストセラーになっている小説を映画化した
ドイツ映画の作品、
『50年後のボクたちは』!

主人公は、学校にも、家の中にも、どこにも居場所のない
14歳の少年。
そして、ちょっと変わった転校生です。
変わり者同士、、、意気投合したふたりは、
ボロボロの車を盗んで旅に出発します。

ふたりの旅の目的地は、”ワラキア”、という場所です。
それは、本当にあるのかないのかわからない、
地図にも載っていない、幻の街。

旅のあいだ、見るもの、出会うもの全てが新鮮なふたり。
やがて、その旅は、
二人にとって忘れられない宝物になっていく、、、
という映画。

こちら、映画の原作小説を書いた作者は、
ヴォルフガング・ヘルンドルフさん。
じつは、2013年、
わずか48歳のときに亡くなっています。
病気が発覚して、
亡くなる前に最後に書いた小説なんですね。

自らが死に向かっていく中で、最後に、残したかった物語。
それが、「14歳の少年による旅だった」、
ということで、多くの方の心を打ち、
ドイツでは200万部を越えるベストセラーになりました!

映画『50年後のボクたちは』。
宣伝ご担当の、石原たみさんに見所を伺いました。

『かつての青春ロードムービーだとしたら、
もっと、権力に反抗するとか反発していく、
そういう気持ちを持っていたと思うんですが、
今の子どもたちは、おそらく、そういうことでもない、
なにかわからないんだけど、現状にモヤモヤしていて、
いまの現状を打破して、新しい世界に出たい
という気持ちがあると思っていて、それがやはり、
ドイツといまの日本の子どもたちとすごく
リンクしていると思うので共感すると思うんですね。

で、何十年と、時を経っても、
子供たちは変わらないことはあって、
自分の半径100メートルぐらいから
外に出た時の景色ですね。
まず見たことのない景色を目の当たりにして、
初めての大人の存在だったりとか、出会っていく中での
自分の心の動きとかもあると思うんですが、
そういうところに、ものすごく多感な時期なので
刺激を受けていくんですね。
それはやっぱり大人の人たちが、かつて自分たちが
抱いていたことと全く変わらない姿が、
そこにあるので、そういう意味で、大人の方からは、
とくに、「これは現代版スタンドバイミーだ」
と言われる方がすごく多くて。
普遍性がすごくあるので、彼らが旅を始めて、
どのように終わりを迎えるのかというところは、
すごく共感を得るんじゃないかと思います。』


映画『50年後のボクたちは』。
9月16日(土)から、
「ヒューマントラストシネマ有楽町」、
「新宿シネマカリテ」で、上映が始まっています。

映画『50年後のボクたちは』公式サイト