2018.2.3

小説の舞台「フランソワーズ・サガン」

輝く海に白いクルーザーが浮かぶ。

フランス南部のリゾート、リヴィエラ海岸。

ここはフランソワーズ・サガンの小説、
「悲しみよ こんにちは」の舞台だ。

当時、18歳のサガンはこう言った。

「ハッピーエンドで終わる偉大な小説はありません」

まるでサガンの人生そのものだ。

VISION


TM JINGLE:
♪A FONTE / 鈴木奈緒

BGM:
APRIL IN PARIS / MICHEL LEGRAND