ON AIR DATE
2017.08.20
BACKNUMBER
  • J-WAVE
    EVERY SUNDAY 20:00-20:54
  • FM802
    EVERY SUNDAY 24:00-24:54

Theme is... Messages & Requests

『Travelling Without Moving』=「動かない旅」をキーワードに、
旅の話と、旅の記憶からあふれだす音楽をお届けします。
ナヴィゲーターは世界約50ヶ国を旅した野村訓市。



▼▼▼▼▼プレゼントのお知らせ▼▼▼▼▼

この番組オリジナルのコンピレーションCD、
『Travelling Without Moving』のVol.1からVol.3まで
3枚をセットにして、抽選で<10名様>にプレゼントします。

これまで番組で実際にオンエアした曲を中心にセレクトした内容で、
パッケージに使用している写真は訓市が撮影したものです!

応募はこちらから https://goo.gl/8ZWidC

締め切りは8月31日到着分まで。
当選者の発表はCDの発送をもって代えさせていただきます。
たくさんのご応募、お待ちしてま〜〜〜す!




★★★★★
8月20日は「Messages & Requests」特集!
番組リスナーの方からお寄せいただいた旅にまつわるメッセージと
リクエスト曲をまとめてオンエアします。
全国各地から届けられた沢山の手紙、ハガキ、メールに囲まれて…
感謝?3の訓市です!


★★★★★
番組では皆さんの「旅」と「音楽」に関する
エピソードや思い出のメッセージをお待ちしています。

「夏の旅」「夏のドライブ」の思い出を曲とともに・・・ゼヒ!

リクエスト曲をオンエアさせていただいた方には
番組オリジナルの図書カード1,000円分をプレゼントします!

番組サイトの「Message」から送信してください。
手書きのハガキ、手紙も大歓迎!
日曜日の夜に聴きたい「ゆったりした曲」
「旅で聴いた思い出の曲」「動かない旅ができる曲」などなど、
リクエストもお願いします!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

宛先は・・・
〒106-6188
株式会社 J-WAVE
antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING 宛

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



2017.08.20

MUSIC STREAM

旅の記憶からあふれだす音楽。
動かなくても旅はできる。
ミュージック・ストリームに
身をゆだねてください。
1

Same Love / Macklemore & Ryan Lewis

2

街の報せ / Cero

3

Night Time / The Fin

4

Summer / 久石譲

5

風邪をひいた時の歌 / [Alexandros]

6

Life Is Long / David Byrne & Brian Eno

7

Saturday / Sparklehorse

8

Youth / Daughter

9

Brunswick / Bambi Davidson

2017.08.20

EPISODE

☆☆☆☆☆☆☆

 Let's travel! Grab your music!

2017.08.20

ON AIR NOTES

野村訓市は、どこで誰に会い、
どんな会話を交わしたのか。
何を見たのか、何を聞いたのか。
その音の向こうに何があったのか。

☆☆☆☆☆☆☆


★From:黄昏浪漫さん
先日、15年ぶりくらいに父母と一泊旅行へ行きました。夜温泉に入ってからお酒を飲み、久しぶりに語り合いました。今年で結婚40年と初めて聞かされ、両親が出会ってから結婚するまでや、その時のエピソードなどをいろいろな角度から聞き、なんだか言葉にならない変な気持ちになりました。自分のルーツをこの歳になって聞くと、自然と背筋が伸び、ありがたい話を聞けたなとしんみりしながら、また少しタイムトラベルをしてしまったと、変な感覚で眠りについた夜でした。

☆Kun:そうですね、親と旅行なんてなかなか行かないですよね。僕も小学校の高学年くらいで一緒にどこかに行くというのはなくなってしまいました。
自分の親や祖父のこととか、知らない話というのがたくさんあってびっくりした記憶が僕にもあります。皆さんもいつか聞けばいいやと思っていると、そのまま聞かないで終わってしまったりするので、夏なんていうのはいい時期だと思うんですよね。お酒を飲んでぜひ話してみてください。



★From:犬の肉球さん
先日、ウズベキスタンで働いている友人のつてで、研究のための調査に行って来ました。初めて行った中央アジアの旧ソ連圏の国は、私に人生の意味を考えさせてくれました。
ウズベキスタンの人たちは適当でした。でも不思議と嫌な気はしませんでした。
野村さんは中央アジアや旧ソ連圏の国に行ったことはありますか?

☆Kun:バルト3国には行ったことあるんですが、旧ソ連圏の国にはほとんど行ったことないんです。僕がよく旅をしていた時というのは、本当にまだガタガタしてちょうど国ができる時だったり、どこかに行くとしたら旧ソ連の国営航空で愛用のAeroflotに乗って貧乏旅行をするくらいでしたので、ぜひ行ってみたいです。
ウズベキスタンは去年かな、ウズベキスタンのレストランに連れて行かれて『うまいから食ってみろ。』って言われて、“本当かよ”って思いながら食べたら本当に美味しかったです。串焼きとかがとんでもなく美味しくて、コニーアイランドで食べましたが、戻ったらもう一度食べたいなと思います。



★From:にあさん
ふと思い出しました、与論島の小さな本屋で谷崎潤一郎の『鍵』を買ったことを。あれ、なんで与論島に行ったんだっけ?そうだ、作家 森瑶子さんのお墓詣りをしに行ったんだ。
なぜか気になって森さんの命日を調べると、それはちょうど一週間前のことでした。森さんは誰かに思い出してもらいたかったんでしょうか?この不思議な体験を共有したくてお便りしました。訓市さんの不思議な体験があれば伺いたいです。

☆Kun:不思議な体験。振り返ってみると毎日、不思議なことだらけのような気がしないでもないですが。僕はいろんな仕事をしているんですけど、昔から好きだった人とか興味がある人には結構、ひょんなことから必ず会えちゃったりしています。それも、興味持った時になんとなく『会うんじゃないかなぁ』と思った人には10年15年経ってもやっぱり必ず会うことができていて、不思議というかラッキーというかなんというかわからないんですけど。不思議だなぁと思っています。