This Week's Number is・・・

100%

100%、というのは、何の数字なのかと言いますと、、、

アメリカのサンフランシスコで、エッセンシャル・ワーカーが、新型コロナウィルスに感染しているかどうかの検査を 無料で受けられる割合です。

エッセンシャル・ワーカー、つまり、医療現場のみなさん、スーパー、コンビニ、ドラッグストアのみなさん、交通機関のみなさん、配達の仕事をされている方などは、だれでも、検査を、無料で、受けられる、ということですね。

通常、サンフランシスコの住民は、何らかの症状があるか、感染者との いわゆる濃厚接触があった場合に検査が受けられますが、エッセンシャル・ワーカーの場合は、そうした条件はなしで、検査を受けられます。

なぜなら、彼らは、ステイホームで仕事ができず、ソーシャルディスタンスもとれず、公共の空間で仕事をしているからです。こういう仕組み、日本でも、ぜひ!

日本は、PCR検査を受けられるチャンスが圧倒的に少ない、と指摘されています。また、検査数を増やすと言いながら他の国のようにはいかない状態が続いていて、批判の声が あがっています。

必要な人がすぐ検査を受けられる、というシステム、そして、サンフランシスコのように、エッセンシャル・ワーカーのみなさんが全員無料で検査ができる、、、、、そんな仕組み、できないでしょうか??