Supastars / Migos

アメリカのヒップポップ界の台風の目みたいな人たちです。

以前に紹介した映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサウンドトラックにもMigosは絡んでるし、ケイティ・ペリーやカルヴィン・ハリスにフィーチャーされたり、いろんなところで引っ張りだこです。

アメリカの2017年のアルバムTOP10にも入っているMigos。TOP10に入ったエド・シーラン、ケンドリック・ラマー、テイラー・スウィフト、ドレイク、ブルーノ・マーズ、ポスト・マローン……の中で、唯一悪そうなのがMigos。

Migosは、アメリカ・アトランタ中心地から北東に約50km行ったローレンスビル出身。リーダーのクエヴォは26歳。通称、Huncho。従兄弟のオフセット。オフセットの甥・テイクオフという親戚3人組。

一年ぶりに出したアルバム、24曲入り1時間45分の超大作「Culture II」から。

金太郎飴状態のアルバムの中で、Migosの作風がよく出ている曲です。収録曲のほとんどにオートチューンがかかっていて、音程が補正されています。

丸屋九兵衛

血液型不明。一応、京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業。浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。理由は勉強が好きだったから。専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。19××年にbmr編集部に入る。2011年1月よりbmr編集長。内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。
丸屋九兵衛ブログ