SXWME (feat. Jay Park) / FAR EAST MOVEMENT

現在公開中の映画『スター・トレック BEYOND』の監督、ジャスティン・リンがかつて関わった2006年日本公開の映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のサントラには、TERIYAKI BOYZ、Dragon Ashなどの曲も入っていましたが、中でも気になったのは『Round Round』という曲。すごく良い曲なのに、聞いたこともないグループでした。それが、今回ご紹介するFAR EAST MOVEMENT。

FAR EAST MOVEMENTと言えば、2010年に『Like a G6』という曲が大ヒット。アジア系アメリカ人グループとして、史上初めてBillboard Hot 100でNo.1を記録。2012年には、アルバム『Dirty Bass』(ジャスティン・ビーバーも参加)を発売しました。そして、今年2016年10月にアルバム『Identity』を発売。

Jay Park a.k.a パク・ジェボムは、元2PM。他のゲストは……少女時代のティファニー、EXOのチャニョル、SISTARのヒョリン、韓国の伝説的女性ラッパー、ユン・ミレことナターシャ・リード。プロデューサーは、ナイジェリア系イングランド人のMNEK(エメニケイ)ことUzoechi Emenikeさん22歳。

タイトルが『Identity』だけあって、アジア系としての自意識が強く表現されているアルバム。

丸屋九兵衛

血液型不明。一応、京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業。浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。理由は勉強が好きだったから。専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。19××年にbmr編集部に入る。2011年1月よりbmr編集長。内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。

■11月25日(金) 著書『丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ』発売。
■12月7日(水)19:00〜21:00 イベント『ニッチコンテンツな編集野郎・丸屋九兵衛の作り方:チョコレートシティからバベルの図書館まで』 場所:銀座・本屋 EDIT TOKYO
■12月16日(金)19:00〜21:00 『Q-B-CONTINUED vol.13』著書爆誕記念! 『ジョージ・クリントンとPファンク軍団』祭り 場所:レッドブル・スタジオ東京
丸屋九兵衛ブログ