On The GO / Alissia Benveniste

今日のレコメンは、最近活躍している<女子ベーシスト>に注目します!

ベース女子って皆さんはどんなこと思いつきますか?
びっくりの重低音で包み込むようなところがあり、小さな手で大きな楽器をあやつる姿が萌えますよね(笑)
そして、女子ベーシストは歌がうまい!歌いながらベースを奏でる方いらっしゃいますよね。エスペランサ・スポルディングとか、ニック・ウエストとか。
みんな上手なんだけど、テクニックをひけらかす感じではないので、お腹いっぱいにならない!そこもベース女子の格好良さだと思います。

そんな中、海外の女子ベーシストで、僕が今一番注目しているのが、Alissia Benvenisteです。
1991年スイスのジュネーブ生まれ。ミラノとロンドンで育ち、バークリーで学ぶためボストンへ。現在はニューヨークで活動。
ルックスはアリアナ・グランデがベースを弾いているみたいな…とにかくカワイイんです!!!
ベースも本当に凄くて、ファンクネスをPOPにリバイバルしている感じがして、
たとえば、マーク・ロンソンがブルーノ・マーズと一緒に「Up Town Funk」でやろうとしていたことを女子ベーシストが、生グルーヴでトライしてるところがキュンとくるんですよ!。
来年2016年頭にはアルバムもリリースされるようです。
今回は、この夏に出たシングル曲「On The Go」をご紹介します。

で、今日は、ここでもう一つレコメン!
日本のベース女子も負けていません!!
11月11日は僕が発起人となって「ベースの日」という記念日が制定されました。
詳細は、下記「ベースの日」のWEBサイトのリンクをご覧ください!

亀田誠治(かめだせいじ)

‘64年、アメリカ、ニューヨーク生まれ。辰年。
‘89年、音楽プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめ Do As Infinity、スガ シカオ、アンジェラ・アキ、JUJU、秦基博、チャットモンチー、エレファントカシマシ、WEAVER、植村花菜、ハナエ、MIYAVI VS KREVAなど 数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。 ‘04年夏から椎名林檎らと東京事変を結成。 ‘12年閏日に惜しまれつつも解散。 ‘07年、第49回日本レコード大賞、編曲賞を受賞。 ‘09年には自身初の主催イベント「亀の恩返し」を武道館にて開催した。

◎亀田誠治 twitter: https://twitter.com/seiji_kameda
☆「ベースの日」WEBサイトはコチラ