It's All On Me / Dr. Dre feat. Justus & Bj the Chicago Kid

昨年は、2000年以来アルバムを出していなかったD'Angeloがほぼ15年ぶりのアルバム『Black Messiah』をリリース。
そして今年は、Dr. Dreが、アルバム『Compton』をリリースしました。
昨年、今年とブラックミュージック界の2大延期王が、ついに年貢を納めたなぁという感じですが、
今回ご紹介するDr. Dre、まずソロアルバムを出したのが1992年「The Chronic」。
そのあと7年経ってから、1999年に『2001』というアルバムを出していて、それ以来16年ぶりのアルバムが今年の夏にリリースされました。
グループとしてデビューしたのが1984年なので、キャリア31年で御年50歳、なのにソロアルバムはまだ3枚目!
今回リリースされた『Compton』は、コンピレーション的な構成で、いろんなゲストが参加しています。
このアルバムは映画の撮影中にインスピレーションを受けたDr. Dreが作り上げたんですが、その映画というのが『ストレイト・アウタ・コンプトン』。
8月半ばに本国アメリカで封切りされて、初登場1位で、その週の2位が、『ミッション・インポッシブル』だったんですが、
『ストレイト・アウタ・コンプトン』は、『ミッション・インポッシブル』の4倍の興行収入の差をつけたんです。凄いですよね!
プロデューサーは黒人、監督も黒人、俳優もほとんど黒人で、有名な俳優は誰もいません!
一番有名なのが、アイス・キューブの役を演じている、アイス・キューブの息子くらいですから。
音楽伝記映画としては、最高の興行収入になっているらしいです。
日本でも12月19日から上映が決まりました。私、丸屋が字幕監修をやりますので、そちらも是非ご覧ください!

丸屋九兵衛

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr編集部に入る。2011年1月よりbmr編集長。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。
丸屋九兵衛ブログ