Take It Off / Karl Wolf

今回はKarl Wolfの最新作を持ってきました。
Karl Wolfっていうとちょっと懐かしい感じですよね?
元々ドバイに住んでいたこともあって、通称「ドバイの狼」と売り出されたんですが、本当はレバノン生まれで、内戦を逃れてドバイに行きそこで育って、高校を出てから、モントリオールの大学に入ったので、本拠地はカナダのモントリオール、国籍はカナダなんですよ。
17、8歳までドバイにいたので、アラブ文化で育ちながら、北米の文化にも触れて、という感じだと思うんですね。
調べてみたら、アーティストにはレバノン系のアメリカ人も結構多くて、
例えば、フランク・ザッパ、サミー・ヘイガー、シャキーラなど、いろいろいますよね。

さて、Karl Wolfですが、2011年のアルバム『Ghetto Love』を最後に日本盤は出てないんです。
なので、今回、最新作『Stereotype』というアルバムをもってきました。
サウンドは、70年代後期80年代初頭のディスコサウンドみたいな感じで、3年前の前作はわりとEDMっぽかったですが、今回はかなりディスコ・リバイバルに寄ってきた感じがあります。
今回は日本盤での発売はないようですが、輸入盤では発売されていますので是非探してみてください。
  
  

丸屋九兵衛

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr編集部に入る。2011年1月よりbmr編集長。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。
★丸屋九兵衛ブログ