Welcome To The Party / FUTURE BOYZ

今日は・・・PRINCEの新作を持ってくると思ったでしょう?
先日、2作同時に新作をリリースされた殿下のことも語りたいんですけど…、
今回は意外なことにEDMを持ってきました。
しかも、私の持ち込みレコメン史上初めての邦楽です!
この数年間、世界的には大人気のEDMなんですけど、日本では最近までなかなか定着してこなかったじゃないですか。
やっと「ULTRA」が、日本で開催されて、ついに日本でもEDMがきたかな、というところなんですけど。
今回ご紹介するのは、FUTURE BOYZという、作詞・作曲・ラップ・歌・サウンドプロデュースを手掛けるEDMデュオです。
沖縄生まれのiamSHUMと、アメリカ生まれ沖縄育ちのthisisWAYNEの2人で2012年結成されました。
私の主観ですけど、今の日本ではめずらしく国際的に通用するレベルのサウンドです。久しぶりに韓国と互角に戦えるクオリティだと私は思ってます。
自分の文化について、他の言語でもちゃんと説明できているというのが彼らの凄いところで、これからのアジアって、複数の言語圏とか複数の文化圏に同時に発信していかなきゃいけないんじゃないかと思うんですよ。そういう意味でアジアの未来を切り開いてくれているような気がします。
9月24日に発売されたばかりFUTURE BOYZのデビューミニアルバム『TOKYO STYLE』皆さん是非聞いてみてください!
  
  

丸屋九兵衛

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr編集部に入る。2011年1月よりbmr編集長。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。
★丸屋九兵衛ブログ