再生ボタン / かせのまさよ

本日ご紹介するのは、札幌と東京を拠点に活動する宅録女性シンガーソングライター、かせのまさよ さんです。
まだメジャーメーカーもプロダクションもついていないアマチュアの方なので、ほとんどの方は知らないかと思うんですけど、今の時代、機材も安くなってきていたり、作品をインターネット上で発信しやすくなっていたり、ということで、突然登場してきたなという、結構ぶっ飛んだ方ですね。
最近、TOKIOチャートでもARIANA GRANDEや、CHARLI XCX、SKY FERREIRA、RITA ORAなど、海外の女性シンガーが凄く調子いいじゃないですか。
歌声のオリジナリティーとEDM的なキラキラしたシンセの音使い、快感度の高いリズムへのこだわりが注目ポイントだと思うんですね。
そこに隠し味として、欧米以外のエスニックな匂いのつけ方が大事なのかなと思うんですけど、そういう要素を日本的にうまく、ジブリテイストを匂わせながら、表現したのが、かせのまさよさんです。
シンガーソングライターとして王道感がありつつもEDMのビートで攻めてくる感じが斬新で、シュールなんだけど、愛嬌があるサウンドというか、叙情的な感じが、ジブリっぽさもでているかなと。EDMをうまく取り入れているセンスも面白いと思います。
自主レーベルからリリースしたアルバム『猫も杓子も』に収録されている曲で、「再生ボタン」をご紹介します。
 
 

ふくりゅう

音楽コンシェルジュ。
Yahoo!ニュース、MTV81、ミュージック・マガジン、2.5D、音楽主義などで、書いたり喋ったり考えたり。……WEBサービスのスタートアップ、アーティストのプロデュースやプランニングなども手掛ける。著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、DREAMS COME TRUEツアーパンフレットへの寄稿、TM NETWORKツアーパンフレット・シリーズ執筆。SMAPタブロイド新聞フライヤー執筆。メイン取材&100曲解説を担当した『小室哲哉ぴあ TM編&TK編』、4万字取材を担当した『氷室京介ぴあ』(ぴあ)発売中!
ふくりゅうさん Twitter