Everything is Alone / FOLKS

今日ご紹介したいのは、20代前半の北海道在住の5人組バンド、FOLKS(フォークス)です。
2014年を確実に盛り上げること間違いない、新しい才能です。
サウンドがただものじゃなくて、いわゆる海外インディーロックシーンで盛り上がっているシンセポップ、ドリームポップ感あるアレンジの構成力にやられました。
例えるなら、パッションピットやフォールズ、デロレアンなど、サマソニやフジロックに出演してそうな、知的な香りのする新世代感覚の音を身にまとっているセンスの良さに注目して欲しいです。
中心メンバーのボーカル&ギター岩井郁人さん、実はガリレオガリレイというバンドで10代の頃にメジャーデビューを経験されているんですね。
その後、ガリレオガリレイは脱退されたのですが、いろんな経験をされて、FOLKSにたどり着いているというところで、若いながらも非常に志の高いサウンドを生み出しているのかなと思います。
ご紹介する曲は、来年2月12日にリリースされるミニアルバム『NEWTOWN』から「Everything Is Alone」。
イントロのキラキラ感にぜひ注目をして欲しいです。
 
 

ふくりゅう

音楽コンシェルジュ。
Yahoo!ニュース、MTV81、ミュージック・マガジン、2.5D、音楽主義などで、書いたり喋ったり考えたり。……WEBサービスのスタートアップ、アーティストのプロデュースやプランニングなども手掛ける。著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、DREAMS COME TRUEツアーパンフレットへの寄稿、TM NETWORKツアーパンフレット・シリーズ執筆。SMAPタブロイド新聞フライヤー執筆。メイン取材&100曲解説を担当した『小室哲哉ぴあ TM編&TK編』、4万字取材を担当した『氷室京介ぴあ』(ぴあ)発売中!
ふくりゅうさん Twitter