dis[charming]world / gold sounds

本日のレコメンテーマは、メジャーフィールドで活躍するアーティストやプロデューサーが手がけるインディーバンドということで、
今日、ご紹介するのは、the pillowsの山中さわおさんが全面的にバックアップしている「gold sounds」というバンドです。
このバンド、僕はYoutubeで発見したんですけど、今やYoutubeには数えきれないくらいのバンドが自分達の作品を上げているじゃないですか。
そんな数あるバンドの中で、音的にも、映像的にも、オルタナの匂いがして、一筋縄じゃいかない雰囲気をプンプン出していたので、ちょっとこれは、アマチュアの力だけでは作りきれないなって直感的に感じまして、調べてみたら、the pillowsの山中さわおさんが、音源制作から、なんと、ミュージックビデオの脚本、監督、撮影まで、すべて、DO IT YOUR SELFの精神で手がけてたんです!

メジャーで活躍して、メジャーで成功して、一方、メジャーの厳しさ、抱える問題点など、酸いも甘いもわかった先輩ミュージシャンが、自分が惚れ込んだ将来有望な若手アーティストに力を入れるというのは、新しい音楽のプッシュの仕方だと思います。
プロデュースという「知恵」と、インディーではあるんだけど、発信する「場所」を提供する、アマチュアバンドからしてみれば、尊敬する先輩が導いてくれるっていうのも嬉しいでしょうしね。
メジャーの先輩が手がける、インディーとメジャーのニューハーフ感(笑)
来年あたり、大きなうねりを作っていくのではないかな…と思いますよ!
  
  
MV「dis[charming]world / gold sounds」

亀田誠治(かめだせいじ)

‘64年、アメリカ、ニューヨーク生まれ。辰年。
‘89年、音楽プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめ Do As Infinity、スガ シカオ、アンジェラ・アキ、JUJU、秦基博、チャットモンチー、エレファントカシマシ、WEAVER、植村花菜、ハナエ、MIYAVI VS KREVAなど 数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。 ‘04年夏から椎名林檎らと東京事変を結成。 ‘12年閏日に惜しまれつつも解散。 ‘07年、第49回日本レコード大賞、編曲賞を受賞。 ‘09年には自身初の主催イベント「亀の恩返し」を武道館にて開催した。

◎亀田誠治 twitter:  http://twitter.com/#!/seiji_kameda
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website