My Dimension / DEAN FUJIOKA

今日は、11月6日に配信限定でデビューする、DEAN FUJIOKAという
2014年を盛り上げること間違いない新しい才能だと確信してご紹介します!

DEAN FUJIOKAという名前なのでハーフっぽいかなと思いきや、福島県生まれの日本人で、高校卒業後にシアトルの大学に留学して、卒業後は香港へ渡って、ルックスが良いので、モデルとして活躍されていました。
香港で、映画『八月物語』に抜擢され、俳優デビューしまして、その後、台湾に拠点を移して立て続けに人気ドラマに出演して、現在は台湾の月9と呼ばれている人気ドラマに出演されています。
日本ではまだ全然知られていませんが、アジアから逆輸入的に人気が出てくるんじゃないかと思ってます。
そんな彼なんですけど、俳優活動とは別に、作詞作曲や音楽プロデュースもやっていてギターやドラムも出来るんですが、曲を聞かせて頂いたら完全にハマってしまいました。
語学力も、日本語、英語、中国語、広東語、インドネシア語を喋れるという逸材なんです。
サウンドは、J-POPとかK-POPとはまた違った、世界照準なシンセポップサウンドに近いノリで、ロック、アコースティック、ヒップホップ、EDMが良い感じで融合されていて驚かされました。
快楽ポイントの積み重ね方が、J-WAVEでも人気なAVICIIにも通じるセンスを感じます。

ちなみにこの曲は、11月6日にiTunes限定配信で、
11月9日に公開される、DEAN FUJIOKAが主演で監督を担当された映画『I AM ICHIHASHI 逮捕されるまで』の主題歌となっています。
 
 
DEAN FUJIOKA Official Site

ふくりゅう

音楽コンシェルジュ。
Yahoo!ニュース、MTV81、ミュージック・マガジン、2.5D、音楽主義などで、書いたり喋ったり考えたり。……WEBサービスのスタートアップ、アーティストのプロデュースやプランニングなども手掛ける。著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、DREAMS COME TRUEツアーパンフレットへの寄稿、TM NETWORKツアーパンフレット・シリーズ執筆。SMAPタブロイド新聞フライヤー執筆。メイン取材&100曲解説を担当した『小室哲哉ぴあ TM編&TK編』、4万字取材を担当した『氷室京介ぴあ』(ぴあ)発売中!
ふくりゅうさん Twitter