Echoes / Washed Out

前回ご紹介した「Toro Y Moi」で、「Chillwave(チルウェーヴ)」や「Glo-fi(グローファイ)」という音楽シーンの話をしましたが、今回もここから。
このシーンの真打ち的存在、Ernest Greeneによるソロ・プロジェクト「Washed Out」です。

1年以上前ですが、4曲入りのミニEPを出して、アンダーグラウンドでは結構話題になったんですが、今回ついにアルバムデビューすることになりました。
ChillwaveやGlo-fi というと、とらえどころがないような感じなんですけども、基本的にはギラッとしたものと、ローファイなものが、アンバランスに一緒になっていて、チルアウトでもなく、アッパーなロックでもない、ドリーミーなサウンドが特徴的。
それが徐々に成熟化してきて、スタイルもだいぶ変わってきて、
今回ご紹介する「Echoes」は、このWashed Outのなかでも、ちょっと異色というか、テンポがわりとあるんですけど、幻想的で、ドリーミーで、ヴォーカルは相変わらず奥に引っ込んでいるような曲です。

この「Echoes」も収録されているWashed Outのデビューアルバム『Within and Without』は、7月6日にリリースされます。
そして、今年のフジロックにも出演が決定!
初日の7月29日(金)「RED MARQUEE」の深夜「PLANET GROOVE」で23時から登場します!

大沢伸一

★大沢伸一さんのNEWアルバムが7月27日リリース!
『Shinichi Osawa & Paul Chambers present SINGAPORE SWING』

★J-WAVEの番組イベントにも出演!
7月16日(土)【J-WAVE CLUB PARADISO @ 代官山UNIT】
OPEN & START 17:00(21:00 end予定)
DJs:大沢伸一 / DJ KAWASAKI / RAM RIDER
LIVE:School Food Punishment
J-WAVE "CLUB PARADISO"詳細はコチラ