Come Closer / Miles Kane

本日ご紹介するのは、マイルズ・ケインというリヴァプールの24歳のソロアーティストです。ご覧の通りルックスも凄く可愛い子です!
初めて会ったのは、彼がアークティック・モンキーズのアレックス・ターナーと組んだラスト・シャドウ・パペッツの取材をした時だったんですが、
アレックス・ターナーはとても難しい男の子なのに、このマイルズ・ケインにはとても心を開いていて、
マイルズも身長が高くてガッシリしてるのに子犬みたいな性格のいい男の子で・・・もうズキュンですよ!(笑)
容姿だけではなく音楽的にも凄く才能があって、リヴァプール出身という遺伝子もあるのかもしれませんが、
わりと10代の頃からリトル・フレイムズ、ラスカルズというバンドで順調にキャリアを伸ばしてたんですけど、ここにきてソロになり更に輝きを見せようとしてます。

元オアシスのノエルやリアムが彼のことを本当に可愛がっていて、
リアム・ギャラガーの新バンドBEADY EYEが、3月にイギリスでやったツアーは、このマイルズが前座で登場していたり。
実は、ノエル・ギャラガーはオアシスを解散させてから人前に出てきてないんですけど、このマイルズが今度出すアルバムにゲスト参加して1曲歌ってるんです。
その他にも、このアルバムにはスーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リースも参加していて、グリフは、最初ソロになるのに不安だったマイルズを「君ならできる」と背中を押してあげたところもあったみたいです。

そんな豪華なメンツが参加しているマイルズ・ケインのソロデビューアルバム『Colour Of The Trap』は、5月11日リリース予定。
UKロックファン必聴です!

妹沢奈美(せざわなみ)

'71年、鳥取県出身。現代美術史を学ぶため英国留学中にロックやダンス・ミュージックに出会い、早稲田大学第一文学部卒業後は音楽雑誌の編集部に入る。その後フリーとなり、雑誌などの取材記事やライナーノーツなど執筆活動を続ける。これまでに取材したUKミュージシャンはオアシス、コールドプレイ、アークティック・モンキーズ、ザ・リバティーンズ、モグワイ、ブライト・アイズなど多数。