夕の魔法 / 秀吉

今日の企画は「映画を見るなら挿入歌を楽しもうぜ!」。

先日、宮崎あおいさん主演の映画「ソラニン」DVDを観たのですが、映画の中の挿入歌として使われていたのが、今日ご紹介するバンド“秀吉”!

僕、良い映画だなと思ったときはたいていエンドロールまで見るんですが、「ソラニン」のエンドロールには“秀吉”と書いてあって、なんじゃこれは!?、と。

いかにも下北印!という感じのエッジの利いたギターやエモいヴォーカル。バンドの世界観が「ソラニン」の中にばっちりとハマっていて、何のブレもないサウンドになっているんです。

秀吉がどういう経緯で抜擢されたかはわかりませんが、今どきの映画監督は音楽にも相当うるさいはずなので、映画監督のお眼鏡にもかなって使われているんじゃないかと想像しています。

「ソラニン」は、三木孝浩監督。ORANGE RANGEやUVERworld、YUIなどそうそうたるアーティストのミュージックビデオを撮っている方なので、きっと何かわけがあるだろうと。

バンドが世に出て行くのは大変です。ネットやインディーズなど宣伝や活動の場所はありますが、自分たちの活動を世に広めて行くということはすごく大変です。そんな中で「ソラニン」の挿入歌に抜擢された彼らには、魅力があるんじゃないかと思います。

3ピースギターバンドならではのグイッという感じが良いです!
秀吉 - hideyoshi

亀田誠治(かめだせいじ)

日本音楽界稀代のプロデューサー、椎名林檎、スピッツ、平井堅、アンジェラ・アキ、Chara、秦基博、エレファントカシマシ、JUJU、チャットモンチー、フジファブリック、など。

2004年夏から椎名林檎らと「東京事変」を結成。
2009年自身初の主催イベント『亀の恩返し』を武道館にて開催。
アーティストとしても活動中。
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website